自宅で南極・北極の世界を楽しむ「おうちで極地」期間限定配信

 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、現在も臨時休館中の南極・北極科学館は、自宅で「極地」が体験できる期間限定のオンライン情報発信企画「おうちで極地」を配信している。企画展示の公開や観測隊経験者のインタビューなど盛りだくさんの内容を楽しむことができる。

教育・受験 小学生
おうちで極地
  • おうちで極地
  • おうちで極地「南極・北極科学館10周年!」
 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、現在も臨時休館中の南極・北極科学館は、自宅で「極地」が体験できる期間限定のオンライン情報発信企画「おうちで極地」を配信している。企画展示の公開や観測隊経験者のインタビューなど盛りだくさんの内容を楽しむことができる。

 科学館は展示物に触れる機会が多いといった館内施設の特徴から、万全の感染防止対策を取ることが難しいとして、南極・北極科学館は2020年2月29日から緊急事態宣言解除後も引き続き休館を継続している。そうした状況の中、自宅で館内の展示を見たり、極地を体験した気分になれるよう、再び開館するまでの期間限定で「おうちで極地」を配信。さまざまなコンテンツを随時公開している。

 7月21日には「南極・北極科学館10周年!」を公開。7月24日に開館10周年を迎えたことを記念し、南極・北極科学館の歴史を振り返る映像や、展示紹介動画、開館当時を知る5人の人物へのインタビューなどを掲載。南極・北極科学館の役割やこれまでの歩みがわかる資料となっている。

 そのほか、南極・北極科学館の「TACHIHIオーロラシアター」で上映している番組の中から特に好評だった映像を5分程度にまとめた「オーロラ@home」、国立極地研究所の活動や南極・北極科学館の展示などについて広報室スタッフがわかりやすく紹介する連載企画「3分でわかる!極地研」、日本での日常生活とは大きくかけ離れた過酷な環境下で活動にあたった隊員に話を聞く連載企画「南極観測隊経験者にインタビュー」などを配信。

 自宅にいながら厳しくも美しい「極地」を体験してみてはいかがだろうか。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)