安田奨学財団、コロナで困窮する大学生・院生を緊急支援

 安田奨学財団は2020年8月3日、新型コロナウイルスの影響で経済的に苦しんでいる日本人大学生・大学院生に向けて緊急支援金を給付すると発表した。本当に支援を必要としている大学生・大学院生に30万円を給付する。

生活・健康 大学生
安田奨学財団
  • 安田奨学財団
 安田奨学財団は2020年8月3日、新型コロナウイルスの影響で経済的に苦しんでいる日本人大学生・大学院生に向けて緊急支援金を給付すると発表した。本当に支援を必要としている大学生・大学院生に30万円を給付する。

 安田奨学財団は、ドン・キホーテ、ユニーなどを運営するPPIHグループの創業者である安田隆夫氏が設立した公益財団法人。留学生の質の向上に寄与し、留学生の相手国と日本との友好親善に資するため、経済的な理由により就学が困難な留学生に奨学金を支給している。

 今回、新型コロナウイルス感染拡大によりアルバイトもままならず、経済困窮によって退学を検討せざるを得ない日本人大学生・大学院生がいるという状況を受け、「本当に支援を必要としている日本人大学生・大学院生」への緊急支援を実施することになった。

 緊急支援は、安田奨学財団の趣旨に深い理解と協力を示し、例年の奨学生採用実績も多く、新型コロナウイルスの影響を強く受けたと思われる地域の大学を選定する。対象者の選考は安田奨学財団では行わず、対象者が支援金を必要としているかは大学側の判断とする。

 支援金は給付とし、返済の義務はない。支援金額は30万円。2020年8月から2021年1月までの毎月末に月額5万円を直接本人に給付する。対象者の卒業後の就職、そのほか一切については本人の自由。ほかの奨学金などとの併給についても制限はない。

◆新型コロナウイルス禍により困窮する日本人学生に向けた緊急支援金
応募資格:新型コロナウイルス禍により経済的に学業継続が困難な状況にあると大学が認めた日本人大学生もしくは大学院生
採用人数:各大学10名以内(全大学合計100名以内)
支援金額:30万円(5万円×6か月)
支援の方法:2020年8月~2021年1月までの毎月末に直接本人に給付
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)