共通テスト記述式問題、8割以上の大学が否定的

 大学入学者選抜における記述式問題について、「大学入学共通テストで出題」することに84.0%の大学が否定的であることが、文部科学省が2020年10月27日に公表した調査結果から明らかになった。

教育業界ニュース 文部科学省
記述式問題への意見
  • 記述式問題への意見
  • 記述式問題への意見(国公私立別)
  • 記述式問題への意見(大学規模別)
 大学入学者選抜における記述式問題について、「大学入学共通テストで出題」することに84.0%の大学が否定的であることが、文部科学省が2020年10月27日に公表した調査結果から明らかになった。

 「大学入学者選抜における英語4技能評価および記述式問題の実態調査」は、学生募集停止の大学を除いた、国公私立の全771大学を対象に実施した。このうち、回答があったのは全大学の90.7%にあたる699大学(2,222学部、4万6,007選抜区分)。調査期間は2020年7月14日~9月14日だが、遅れて回答があった大学も含め9月30日までの回収分を集計している。

 大学入学者選抜における記述式問題について、「大学入学共通テストで出題」することに肯定的回答(とてもそう思う+そう思う)をした大学は15.0%。否定的回答(あまりそう思わない+そう思わない)をした大学は84.0%にのぼる。国公私立別に見ると、肯定的回答をしたのは、「国立大学」6.0%、「公立大学」12.6%、「私立大学」17.3%と、特に国立大学で肯定的回答が少なかった。

 また、記述式問題について「個別入試(一般選抜)で充実」することには、肯定的回答が58.8%、否定的回答が40.3%。国公私立別に見ると、肯定的回答をしたのは「国立大学」77.6%、「公立大学」78.9%、「私立大学」52.4%と、国公立大学で7割以上、私立大学でも半数以上であった。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)