入学後伸びたのは「既存の考え方にとらわれない」早稲田大調査

 早稲田大学は2021年4月26日、「学生生活・学修行動調査」の結果を公表した。入学時より、「既存の考え方にとらわれず、新しいアイデアを生み出せる」や「自分の考えを分かりやすく表現できる」についての修得度が約2割増していることがわかった。

教育業界ニュース その他
入学時と現在の修得度
  • 入学時と現在の修得度
 早稲田大学は2021年4月26日、「学生生活・学修行動調査」の結果を公表した。入学時より、「既存の考え方にとらわれず、新しいアイデアを生み出せる」や「自分の考えを分かりやすく表現できる」についての修得度が約2割増していることがわかった。

 「学生生活・学修行動調査」は、これまで38回にわたって学生部が実施してきた「学生生活調査」を継承し、大学総合研究センターが行った。早稲田大学の全学生対象に、2020年11月16日~12月7日にオンライン調査ツールを用いて実施し、有効回答者数は1万665件。2020年度春学期にも、大学の施策や授業実践の改善や学生の声を参考にするために「オンライン授業アンケート」を実施。今回の調査は、大学の意思決定支援をより強化し、学修者本位の教育実践を支援するために、これまで行われてきた旧調査を継承する形で企画・実施した。

リシードで全文を読む
《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top