スプリックス、公教育へCBT導入を推進…港区教委と連携

 スプリックスは2021年7月6日、港区教育委員会と連携し、CBT(Computer Based Testing)の公教育への導入を推進すると発表した。「TOFAS」「プログラミング能力検定」「単元別CBT」をセットとしたCBTパッケージの導入を推進する。

教育業界ニュース 教育ICT
プログラミング能力検定実施のようす
  • プログラミング能力検定実施のようす
 スプリックスは2021年7月6日、港区教育委員会と連携し、CBT(Computer Based Testing)の公教育への導入を推進すると発表した。「TOFAS」「プログラミング能力検定」「単元別CBT」をセットとしたCBTパッケージの導入を推進する。

 スプリックスと港区教育委員会は2019年7月、民間教育における最先端の技術や革新的な教育技法を公教育へ活用すべく、包括的な連携を発表。個別最適化学習プログラムを活用した授業、タブレットを使用した基礎学習の実施等、さまざまな試行を繰り返してきた。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top