フリーズで背筋も凍る発表会…教育ICT化テーマに教師川柳

 カシオ計算機は、教育情報サイト「フォレスタネット」と共同で、教育のICT化をテーマに「教育現場での日常」をユーモラスに詠む「#教師川柳コンテスト」を実施。特選作品1句、秀作1句、佳作1句が決定した。

趣味・娯楽 先生
「#教師川柳コンテスト」
  • 「#教師川柳コンテスト」
  • ClassPad.net(クラスパッド ドット ネット)
 カシオ計算機は、教育情報サイト「フォレスタネット」と共同で、教育のICT化をテーマに「教育現場での日常」をユーモラスに詠む「#教師川柳コンテスト」を実施。特選作品1句、秀作1句、佳作1句が決定した。

 ICT化が進む教育業界における現場教師の課題を明らかにするため、「教育のホンネ」プロジェクトを2021年8月よりスタートした。その一環として、「ICT化する教育現場での日常」をテーマにした川柳を2021年8月25日から9月20日に募集した。

 小学校、中学校、高校の教師をはじめ、学生、保護者といった広く教育現場に携わる人より寄せられた1,243句の中から、特選作品1句、秀作1句、佳作1句が決定した。

 今回寄せられた作品を通じて、「教育現場がICT化に追い付いていない」「ICTツールを使いこなせるまでの準備が教師の負担になっている」といった実態が浮き彫りになった。

 カシオ計算機が提供するオンライン学習プラットフォーム「ClassPad.net(クラスパッド ドット ネット)」は、多彩な機能をワンストップで活用可能。9月より、高校6教科を中心にどの授業でも使えるVer1.0の提供を開始した。現在、デジタルノート機能を無料で試すことができる。

◆特選作品
「フリーズで 背筋も凍る 発表会」(30代・男性・学校教員)
選定理由:
万全の準備を期して挑んだ発表会が、ICTツールや通信環境の不調が原因でグダグダに…読み手の背筋も凍ってしまうような一句。通信環境の不備や、授業中に複数のアプリを同時起動することで機器に負荷がかかる等、教育現場の設備がICT化に追い付いていないようすが伝わる。また、本作は教育現場に限らず、ICT化する現代社会全般に通じる課題が表現されている。

◆秀作
「職員室 『誰か助けて』の クラスター」(20代・女性・会社員)
選定理由:
コロナ禍においてリモート授業が普及する中、職員室で教師たちが集まり、ICTツールの使い方を相談しあっているようすを「『誰か助けて』のクラスター」と表現。ICT教育に用いるアプリ、さらには機器そのものを使いこなすためのトレーニングが負担となっている様子が、世相をよく表したキーワードを交えて表現されている。

◆佳作
「ペーパーレス 職員会議は ペーパーです」(30代・男性・学校教員)
選定理由:
資料配布や課題提出がデジタルで行われる中、教師間では紙でのやり取りが頻繁に行われている。ペーパーレスが推し進められる一方で、教育現場ではいまだに紙が採用されているという、ICT化への過渡期の様子が表現されている。複雑化されたICTツールに適応しきれていない教育現場の現状が浮き彫りになった作品。
《大田芳恵》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top