【大学入学共通テスト2022】予想平均点(1/18・13時速報)文系5教科8科目511点・理系5教科7科目515点…データネット

 ベネッセコーポレーションと駿台予備校による「データネット」は、2022年1月15日と16日に行われた2022年度(令和4年度)大学入学共通テスト(旧センター試験、以下、共通テスト)の予想平均点速報版(1月18日午後1時時点)を発表した。

教育・受験 高校生
データネット予想平均点
  • データネット予想平均点
 ベネッセコーポレーションと駿台予備校による「データネット」は、2022年1月15日と16日に行われた2022年度(令和4年度)大学入学共通テスト(旧センター試験、以下、共通テスト)の予想平均点速報版(1月18日午後1時時点)を発表した。文系5教科8科目は511点(900点満点)・理系5教科7科目は515点(900点満点)で、昨年度の平均点より文系-41点、理系-57点となっている。

 この予想平均点は、駿台予備学校とベネッセコーポレーションが共同実施した共通テスト自己採点集計「データネット」の約35万人の中間集計によるもの。いずれも900点満点。比較として掲載している昨年度のデータでは、5教科7(8)科目平均点算出の際の英語については、リーディングとリスニングを100点満点に換算している。

1日目1/15



 第1日の「国語」は111点。

 「地理歴史」は世界史Bが66点、日本史Bが53点、地理Bが59点。

 「公民」は現代社会が61点、倫理が64点、政治・経済が57点、倫理/政治・経済が70点。

 「外国語」は英語(リーディング)が62点、英語(リスニング)が60点と予想している。

2日目1/16



 第2日の「数学1」および「数学2」については、数学I・Aが38点、数学II・Bが43点。

 「理科1」は物理基礎が31点、化学基礎が28点、生物基礎が24点、地学基礎が36点。「理科2」は物理が61点、化学48点、生物49点、地学51点と予想している。

 このデータは、2022年1月18日午後1時にデータネットからの提供を受け、掲載するもの。予想平均点は全3回配信される予定で、今回のデータは1月16日午後10時の第1回予測につぐ2回目となる。データネット2022にも予想平均点が掲載されており、今後、更新される可能性もある。

大学入学共通テスト2022 特集
大学受験2022 特集
《畑山望》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top