【大学受験2022】国公立大で出願受付開始、2/4まで

 国公立大学2次試験(個別試験)の出願受付が、2022年1月24日から始まった。出願は2月4日まで。試験は、前期日程が2月25日から、中期日程(公立大学のみ)が3月8日から、後期日程が3月12日から。全国172大学594学部において、9万8,561人を募集する。

教育・受験 高校生
2022年度大学入学共通テスト試験場のようす
  • 2022年度大学入学共通テスト試験場のようす
  • 2022年度入学者選抜の日程
 国公立大学2次試験(個別試験)の出願受付が、2022年1月24日から始まった。出願は2月4日まで。試験は、前期日程が2月25日から、中期日程(公立大学のみ)が3月8日から、後期日程が3月12日から。全国172大学594学部において、9万8,561人を募集する。

 国公立大学の出願受付期間は、1月24日から2月4日まで。2次試験(個別試験)は、前期日程が2月25日から、中期日程(公立大学のみ)が3月8日から、後期日程が3月12日から実施する。

 国立大学の前期日程と後期日程の追試験は、3月22日から実施。公立大学は、前期日程・中期日程・後期日程の追試験について、各試験日の大学が定める時刻まで出願を受け付ける。追加合格者の発表は3月28日から。

 2次試験(個別試験)の出願を受け付ける国公立大学は、172大学594学部。試験日程別では、前期が169大学583学部、後期が135大学420学部、中期が24大学32学部。募集人員は、国立大学が82大学392学部で7万6,525人、公立大学が90大学202学部で2万2,036人、合計9万8,561人。

 大学入学共通テストは、1月15日・16日に本試験を実施。1月21日に平均点等一覧(中間集計その2)とともに、得点調整は行わないことが発表された。今後は、2月7日に平均点等の最終発表を予定している。

 2次試験(個別試験)の出願状況は、文部科学省や各大学が発表。河合塾や東進、データネット等のWebサイトでも公開予定。
《奥山直美》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top