中高生の英語力、目標50%に向け改善進む…文科省調査

 文部科学省は2022年5月18日、2021年度英語教育実施状況調査の結果を公表した。CEFR A1レベル(英検3級)相当以上の中学生は47.0%、CEFR A2レベル(英検準2級)相当以上の高校生は46.1%。目標の50%には達していないものの、経年で着実に改善が進んでいる。

教育業界ニュース 英語・語学
中学生・高校生の英語力
  • 中学生・高校生の英語力
 文部科学省は2022年5月18日、2021年度英語教育実施状況調査の結果を公表した。CEFR A1レベル(英検3級)相当以上の中学生は47.0%、CEFR A2レベル(英検準2級)相当以上の高校生は46.1%。目標の50%には達していないものの、経年で着実に改善が進んでいる。

 「英語教育実施状況調査」は、英語教育改善のための具体的な施策の状況について調べ、今後の国の施策の検討に資するとともに、各教育委員会における英語教育の充実や改善に役立てるため、2013年度より毎年実施。2020年度は中止している。対象は、各都道府県・市区町村教育委員会、すべての公立小学校、中学校、高校。調査実施基準日は2021年12月1日。調査学校数は小学校1万8,862校、中学校9,252校、高校3,306校。

リシードで全文を読む


《奥山直美》

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top