事故に関するニュースまとめ一覧(5 ページ目)

【センター試験2016】大学入試センター、追・再試験の正解を公表…259人対象 画像
教育・受験

【センター試験2016】大学入試センター、追・再試験の正解を公表…259人対象

 大学入試センターは、1月23日と24日に実施された平成28年度センター試験追試験および再試験の正解を公開した。2大学で行われた追試験の対象者は176人、8大学で行われた再試験の対象者は259人だった。

コンビ、7歳ごろまで使える衝撃吸収素材搭載のチャイルドシート発売 画像
生活・健康

コンビ、7歳ごろまで使える衝撃吸収素材搭載のチャイルドシート発売

 コンビは、新生児から7才頃まで使えるロングユースのチャイルドシート「ママロン」に衝撃吸収素材を搭載した新製品「ママロン エッグショック CF」を2月上旬より発売する。

車が雪で埋没、マフラー周りを除雪して…一酸化炭素中毒に注意 画像
生活・健康

車が雪で埋没、マフラー周りを除雪して…一酸化炭素中毒に注意

 JAF(日本自動車連盟)は、マフラー周辺が雪で埋もれ、車内に排ガスが入る状況を再現し「車内での一酸化炭素(CO)中毒」対策の有効性を検証した。

おもちゃの銃による事故、失明の恐れも…国民生活センター 画像
生活・健康

おもちゃの銃による事故、失明の恐れも…国民生活センター

 国民生活センターは1月19日、医師から寄せられたおもちゃの銃による発生事故の情報を受け、「決して人や動物に向けて撃たない」など大人が使い方や注意点をよく教え、安全を確認した上で遊ばせるよう注意を呼び掛けている。

中高生の自転車事故率、全国ワースト1位は群馬 画像
生活・健康

中高生の自転車事故率、全国ワースト1位は群馬

 「中高生の自転車事故実態」について、自転車の安全利用促進委員会が調査結果を発表した。調査は三井住友トラスト基礎研究所の古倉宗治氏と、交通事故総合分析センターITARDA協力で行われた。

国民生活センターが2015年の10大項目を発表…子どもの事故、マイナンバー詐欺 画像
生活・健康

国民生活センターが2015年の10大項目を発表…子どもの事故、マイナンバー詐欺

 国民生活センターは12月17日、「消費者問題に関する2015年の10大項目」を発表した。「子どもの事故防止に向けた取組み強化」や「マイナンバー通知開始に便乗した詐欺被害」など、社会的注目を集めた問題10項目を選定している。

保護者の「不足感」募る…自転車の安全指導は学校により差が大きい 画像
生活・健康

保護者の「不足感」募る…自転車の安全指導は学校により差が大きい

 自転車の安全利用促進委員会は、中学校・高校の自転車通学指導者と中高生、保護者を対象とした、自転車通学や自転車の活用実態についてのアンケートを実施。その結果、学校での安全指導・教室の実施状況は学校により大きな差があることが明らかになった。

通学から考えるセミナー…増加する中高生の自転車事故 画像
生活・健康

通学から考えるセミナー…増加する中高生の自転車事故

 自転車の安全利用促進委員会は、「増加する中高生の自転車事故!通学から考える自転車問題とは」と題したセミナーを開催した。

ワンピース、野球、サッカー、新幹線…47種キッズヘルメット発売 画像
生活・健康

ワンピース、野球、サッカー、新幹線…47種キッズヘルメット発売

 自転車やバイクの付属品などの企画・販売を手がけるブルジュラが、子どもに人気のアニメ・ワンピースやサッカーチーム、新幹線柄など全47種の子ども向け自転車用ヘルメットを新たに発売した。11月25日よりブルジュラECサイト内で購入することができる。

ポケットからポチャン!スマホ災難、風呂や着替え時などの「水没」が3割以上 画像
デジタル生活

ポケットからポチャン!スマホ災難、風呂や着替え時などの「水没」が3割以上

 KDDIは26日、紛失・破損・水没などのスマートフォンのトラブル(スマホ災難)に関する「スマホ災難実態調査」の結果を発表した。調査期間は11月9日~11日で、全国のスマートフォンユーザー1000人から回答を得た。

東京で1/3初降雪予報、プロに聞くスタッドレスタイヤの替え時 画像
生活・健康

東京で1/3初降雪予報、プロに聞くスタッドレスタイヤの替え時

 ある日、研究と予習/復習を兼ねてタイヤメーカーのサイトを熟読していたときに私の目に飛び込んできたのが「スタッドレスタイヤの履き替えは一ヶ月前に行ないましょう!」という文字。早く替えても耐久性は大丈夫?タイヤ販売現場に突撃取材を行った。

予防接種をわかりやすく管理するアプリ登場、広島で実証実験開始 画像
生活・健康

予防接種をわかりやすく管理するアプリ登場、広島で実証実験開始

 広島テレビ放送は、複雑な予防接種スケジュールをわかりやすく表示し、子育て世代と医療機関が情報共有できるアプリ「子育て応援団 予防接種お助けツール」の実証実験を10月30日より開始した。2016年春の本格稼働を目指す。

三輪車・ベビーカーでヒヤリ…東京都が乳幼児の製品事故防止ガイド作成 画像
生活・健康

三輪車・ベビーカーでヒヤリ…東京都が乳幼児の製品事故防止ガイド作成

 東京都は10月29日、乳幼児や保護者が使う育児製品によるヒヤリ・ハット経験を調査した結果を公表。危害およびヒヤリ・ハット経験でもっとも多いのは、三輪車などのおもちゃとベビーカーなどの移動用具であった。都は事故防止ガイドを作成し、注意を呼び掛けている。

予防接種時の事故、1年間で5,685件…接種間隔誤りや使用済み注射器で 画像
生活・健康

予防接種時の事故、1年間で5,685件…接種間隔誤りや使用済み注射器で

 予防接種時の事故が、平成26年度の1年間で5,685件あったことが10月29日、厚生労働省の分科会で公表された。10月から12月にかけては、インフルエンザの予防接種を行う人が多い時期だが、ワクチン接種時に誤って使用済み注射器を使用した事例も報告されている。

スタントマンが事故再現、自転車安全利用講習会…明大和泉キャン 画像
生活・健康

スタントマンが事故再現、自転車安全利用講習会…明大和泉キャン

 明治大学は、高井戸警察署、荻窪警察署、杉並区の協力のもと、2015年10月5日(月)に明治大学和泉キャンパス(東京都杉並区)にて、「自転車安全利用講習会 ~Scared Straightで考える自転車運転~」を実施する。

水で膨らむボールやビーズ、乳幼児の誤飲に注意…国民生活センター 画像
生活・健康

水で膨らむボールやビーズ、乳幼児の誤飲に注意…国民生活センター

 国民生活センターは10月1日、水で膨らむボール状の樹脂製品を2歳の女児が誤飲し、開腹手術をして摘出する事故事例があったと発表した。誤飲を防ぐため、高吸水性樹脂製品は乳幼児の手の届かない、見えない所に保管するよう呼びかけている。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 最後
Page 5 of 13
page top