事故に関するニュースまとめ一覧(5 ページ目)

0歳児の就寝時の窒息死に注意、防止策は…消費者庁 画像
生活・健康

0歳児の就寝時の窒息死に注意、防止策は…消費者庁

 0歳児の不慮の事故死のうち8割が窒息死で、中でも「就寝時の窒息」がもっとも多いことから、消費者庁はWebサイトに窒息事故防止策を掲載し、注意を呼びかけている。発達状況に応じた寝具の利用や就寝の仕方に注意が必要であるという。

「子どもの安全マップ」スタート、東京都が防犯ポータルサイト刷新 画像
生活・健康

「子どもの安全マップ」スタート、東京都が防犯ポータルサイト刷新

 東京都は10月24日、防犯ポータルサイト「大東京防犯ネットワーク」をリニューアルした。地理情報システム(Web-GIS)を導入し、子どもの交通事故発生地点や不審な声かけ情報などを地図でわかりやすく発信する。

ハローキティ・さくら学院が呼びかけ、自転車用ヘルメットを被ろう 画像
生活・健康

ハローキティ・さくら学院が呼びかけ、自転車用ヘルメットを被ろう

 東京都青少年・治安対策本部は、自転車用ヘルメット着用を促進する啓発活動を展開する。「ハローキティ」や「さくら学院」を起用したポスターやSNS・動画配信を交え、高校生や大人にも自転車の安全利用を呼びかける。

富士通のACアダプタ感電の恐れ、約30万台…スマホ・タブレットの確認を 画像
教育ICT

富士通のACアダプタ感電の恐れ、約30万台…スマホ・タブレットの確認を

 富士通は10月17日、日本国内で販売された、同社製スマートフォン・タブレット用の一部のACアダプタにおいて、製造不良の可能性があるため、無償で交換対応を実施すると発表した。

JAF×ポケモン、運転中のながらスマホは「NO!」 画像
生活・健康

JAF×ポケモン、運転中のながらスマホは「NO!」

 日本自動車連盟(JAF)とポケモンは10月7日、自動車や自転車を運転中のスマートフォン操作を防止するため、共同での注意喚起や啓発活動などの取り組みを開始すると発表した。

3割近くが信号守らず…JAF京都が自転車利用実態調査 画像
生活・健康

3割近くが信号守らず…JAF京都が自転車利用実態調査

 日本自動車連盟(JAF)京都支部の交通安全実行委員会が6月に京都市内で「自転車利用実態調査」を実施したところ、自転車乗車時に信号を守っている人は78.0%だった。ほかに、一時停止や前照灯の使用率についても調査している。

タカタ財団「交通事故犠牲者ゼロ」へ2017年度助成研究公募を開始 画像
教育・受験

タカタ財団「交通事故犠牲者ゼロ」へ2017年度助成研究公募を開始

 タカタ財団は、10月1日より2017年度助成研究の公募を開始する。

「チャイルドシートの適切な使用を」国交省と警察庁が注意呼びかけ 画像
生活・健康

「チャイルドシートの適切な使用を」国交省と警察庁が注意呼びかけ

国土交通省と警察庁は、「秋の全国交通安全運動」の機会に、子どもを車に乗せる際、チャイルドシートを適切に使用するよう自動車ユーザーに呼びかける活動を開始する。

【シルバーウィーク2016】出発前のタイヤ点検をお忘れなく…JAF 画像
生活・健康

【シルバーウィーク2016】出発前のタイヤ点検をお忘れなく…JAF

 JAF(日本自動車連盟)は、自動車に乗る機会が増えるシルバーウィーク期間、トラブル回避のため、ドライバーへタイヤ等の運転前チェックを行うよう呼び掛けている。

歩行中の交通事故、7歳児にピーク…成人の2.5倍 画像
生活・健康

歩行中の交通事故、7歳児にピーク…成人の2.5倍

 平成27年に発生した歩行中の交通事故死傷者数は5万6,962人で、このうち7歳児の死傷者数が1,462人と際立って多いことが、交通事故総合分析センターの交通事故分析レポートより明らかになった。

6歳以上は同乗危険、足が自転車の後輪に巻き込まれる「スポーク外傷」に注意 画像
生活・健康

6歳以上は同乗危険、足が自転車の後輪に巻き込まれる「スポーク外傷」に注意

 国民生活センターが、自転車の同乗者の足が後車輪に巻き込まれて受傷する「スポーク外傷」について注意を喚起している。幼児座席を使用しても6歳以上の子どもは足を巻き込む危険性が高くなるため、同乗しないよう呼びかけている。

JAF体験型交通安全イベントでお仕事体験8/30-9/1 画像
教育イベント

JAF体験型交通安全イベントでお仕事体験8/30-9/1

 日本自動車連盟(JAF)東京支部は、体験型交通安全イベント「JAF Try Safety with Kids」を8月30日から9月1日の3日間、MEGA WEBで開催する。

車内放置による事故を防げ、日産「#熱駐症ゼロ」プロジェクト 画像
生活・健康

車内放置による事故を防げ、日産「#熱駐症ゼロ」プロジェクト

 日産自動車は8月4日、本格的な夏の到来にあたり、子どもやペットの「車内放置」による事故を未然に防ぐために、「#熱駐症(ねっちゅうしょう)ゼロプロジェクト」を発足した。

「竜巻注意情報」をメールとネットで…海上保安庁8/1提供開始 画像
生活・健康

「竜巻注意情報」をメールとネットで…海上保安庁8/1提供開始

 海上保安庁は、竜巻をはじめとする急激な天候変化による小型船舶事故防止を図るため、新たに「竜巻注意情報」などの情報を電子メールとインターネットで8月1日から提供すると発表した。

「車内に子どもを置いて離れないで」短時間で熱中症の危険 画像
生活・健康

「車内に子どもを置いて離れないで」短時間で熱中症の危険

 JAF(日本自動車連盟)は7月13日、夏場の車内における熱中症事故の情報をホームページに公開した。高温下では短時間でも命に危険が及ぶ状態になるため、子どもやペットを車内に残したまま車を離れることは決してしないようにと注意を呼びかけている。

デンソーと三井住友海上、交通安全教育プログラムを海外へ 画像
生活・健康

デンソーと三井住友海上、交通安全教育プログラムを海外へ

 デンソーは、三井住友海上と協働で、交通安全教育プログラムをグローバルに展開し、タイ、中国、日本において出前授業を開始した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 最後
Page 5 of 15
page top