女子中高生対象「科学のマドンナ」プロジェクト…東京理科大で実験体験

教育・受験 学習

「科学のマドンナ」プロジェクト(昨年の模様)
  • 「科学のマドンナ」プロジェクト(昨年の模様)
  • 「科学のマドンナ」プロジェクト(昨年の模様)
  • 「科学のマドンナ」プロジェクト(昨年の模様)
  • 「科学のマドンナ」プロジェクト(webサイト)
 東京理科大学は、全国の女子中高生に科学実験の体験などを行うイベント「科学のマドンナ」プロジェクトを11月24日、野田キャンパスで実施する。理系は女性の研究者、職業者が少ないのが現状、女子中高生が科学に興味を持つ機会としてイベントを実施している。

 「科学のマドンナ」プロジェクトは、「女性ならではの科学」を武器として、プロ意識のもとに新たな科学・技術を創出する人材の育成が目的。女子中高生に理工系の研究現場を実際に見てもらい、実験などを体験してもらうことで、将来の進路選択の参考にしてほしいという。

 当日は工学系から1つ、生物系から1つ選び、研究室で大学生、大学院生と一緒に実験を体験する。今年の体験内容は未定だが、昨年は細胞からDNAを取り出す実験、圧電素子を用いて光るうちわを作る実験などが行われた。

 また、サイエンス・ガールズによる講演・トークセッション 「サイエンスCafe」、学園祭見学、保護者対象相談会なども行われる。

◆東京理科大学・科学のマドンナプロジェクト
日時:11月24日(日)予定 10:00~16:30 (9:30受付)
会場:東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)
対象:全国の女子中高校生
定員:70名
参加費:無料(交通費は自己負担)
締切:11月12日(火)
※定員になり次第締切
応募方法:ホームページより
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)