【高校受験2014】宮城県公立高校入試、河北新報が問題・正答をWeb公開

 宮城県では3月6日、公立高校の後期俊抜が実施された。河北新報の特設Webページには、国語、数学、英語、理科、社会5教科の問題および正答が順次掲載されていく予定だ。

教育・受験 受験
宮城県公立高校後期選抜 問題と解答   河北新報オンラインニュース
  • 宮城県公立高校後期選抜 問題と解答   河北新報オンラインニュース
  • 平成26年度宮城県公立高校入学者選抜に係る後期選抜出願状況
 宮城県では3月6日、公立高校の後期選抜が実施された。河北新報の特設Webページには、国語、数学、英語、理科、社会5教科の問題および正答が順次掲載されていく予定だ。

 宮城県教育委員会が発表した確定後期選抜出願状況によると、一般選抜定員11,419人に対し、出願者数は13,771人で、出願倍率は1.21倍。特に出願倍率が高いのは、宮城農(生活科術)2.14倍、泉(英語科)の2.11倍、泉(普通科)の1.98倍など。

 河北新報の解答速報特設ページでは、17時現在国語・数学・社会の問題と国語・数学の正答が掲載されている。問題は、今後順次更新されていく予定。合格発表は、12日午後3時行われる予定だ。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)