【夏休み】三菱みなとみらい技術館「子ども科学フェス」7/19-8/31

趣味・娯楽 その他

三菱みなとみらい技術館ホームページ
  • 三菱みなとみらい技術館ホームページ
  • 「コズミックカレッジ2013」の開催風景
 三菱みなとみらい技術館は7月19日から8月31日、「夏休み子ども科学フェスティバル」を開催する。サイエンスマジック教室や理科実験をはじめ、「深海」をテーマに横浜みなと博物館・帆船日本丸との連携企画も展開する。

 子どもたちに科学技術の楽しさやものづくりの面白さを体感してもらおうと、毎年夏休み期間中に企画している恒例イベント。

 同じみなとみらい地区にある「横浜みなと博物館・帆船日本丸」と連携し、夏休みキャンペーン「2つの博物館をめぐって深海博士になろう!」を特別企画。海洋研究開発機構(JAMSTEC)の協力で、深海や深海生物について両館をめぐりながら楽しく学ぶことができるよう工夫している。

 キャンペーンと連動したイベントとして、8月7日(木)と8日(金)には「深海ペーパークラフト教室」を開催。深海生物の映像を見ながら、タコなど深海生物のペーパークラフト作りに挑戦する。8月22日(金)には、海洋教室「しんかい6500の秘密と深海の世界」(事前申込制)を開催。水圧実験や深海の秘密に迫る。

 このほか、8月10日(日)には宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共催し、小学校低学年対象に「コズミックカレッジ2014」(事前申込制)を開催。「月への旅」「宇宙飛行士にチャレンジしよう」という2つのプログラムを実施し、月や宇宙について楽しく学ぶ。

 マジックと一緒に科学原理も学ぶことができる「サイエンスマジック教室」、水圧や低温など科学の驚きや不思議に触れる「理科実験」、天文学を楽しい解説と迫力あるCGで紹介する「科学映画上映会」、日本の伝統工芸の墨流しを体験しながら科学的に考える「工作教室」、三菱重工業が開発したコミュニケーションロボットwakamaruと触れ合いながら楽しく学ぶ「理科授業」「お散歩タイム」などもある。

 開館時間は、午前10時から午後5時。火曜定休(祝日の場合は翌日、8月26日は開館)。入館料は、大人500円、中高生300円、小学生200円。団体(20人以上)は各100円引き。

 イベントによっては、事前申込みや整理券、参加費が必要となる場合がある。詳細は、ホームページを参照のこと。

◆夏休み子ども科学フェスティバル
期間:7月19日(土)~8月31日(日)
場所:三菱みなとみらい技術館(横浜市西区みなとみらい3-3-1 三菱重工横浜ビル)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日、8月26日は開館)
入館料:大人500円、中高生300円、小学生200円(団体は各100円引き)
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)