トレンドマイクロ、スマホ・タブレット向けセキュリティソフト最新版を発売

 トレンドマイクロは、スマートフォン・タブレット端末向けセキュリティソフト「ウイルスバスター モバイル」の最新版を10月30日より店頭で、またトレンドマイクロ・オンラインショップでは10月22日より発売を開始する。

デジタル生活 ソフト・アプリ
「ウイルスバスター モバイル」パッケージ
  • 「ウイルスバスター モバイル」パッケージ
  • メイン画面(Android OS)
  • ダウンロードブロック(Android OS)
  • バッテリー消費量の最適化 (Android OS)
トレンドマイクロ株式会社は10月22日、スマートフォン・タブレット端末向けセキュリティソフト「ウイルスバスター モバイル」の最新版を10月30日より店頭で、またトレンドマイクロ・オンラインショップでは同日より発売を開始すると発表した。Android OS、iPhone/iPad(iOS)、Kindle Fireシリーズに対応している。製品はPOSA(Point of Sales Activation)版とダウンロード版が用意される。POSA版はオープンプライス、ダウンロード版は1年版が3,065円、2年版が5,637円(ともに税込み)。

最新版では、Android OSにおいてGoogle Playから端末へアプリをダウンロードする前に不正アプリを検知し、感染を未然に防ぐ「ダウンロードブロック」機能を新たに搭載した。この機能では、アプリのダウンロード元からアプリの情報を取得し、同社のクラウド型アプリ評価サービス「Trend Micro Mobile App Reputation」と照合することで、端末内に不正アプリをダウンロードする前に、不正アプリを検知する。また、端末の設定を最適化し、バッテリーの消費量やメモリの使用量を削減する機能も搭載。iPhone/iPad(iOS)では、端末の通信量をチェックし、通信量を可視化する機能も搭載した。

「ウイルスバスター モバイル」の最新版を発売、不正アプリを未然に検知(トレンドマイクロ)

《吉澤 亨史@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)