【センター試験2015】東進が理科(1)の全体概観・設問別分析を公開

 東進ドットコムは、センター試験2日目(1月18日)の午前に行われた理科(1)の全体概観、設問別分析などの公開を始めた。12時現在、公開されているのは、物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎の全体概観。

教育・受験 受験
東進、解答速報2015
  • 東進、解答速報2015
  • 物理基礎の全体概観(画面の一部)
 東進ドットコムは、センター試験2日目(1月18日)の午前に行われた理科(1)の全体概観、設問別分析などの公開を始めた。12時現在、公開されているのは、物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎の全体概観。

 そのほか、化学基礎については、設問別分析および新高2・3年生アドバイス、生物基礎については新高2・3年生アドバイスが掲載されている。

 全体概観を見ると、物理基礎大問3題構成の出題に組合せ問題が多く、解答に注意が必要だったという。各分野の偏りはなく、教科書からまんべんなく出題されたようだ。化学基礎についても、教科の内容がまんべんなく出題され、組合せを問う選択問題は出題されたものの、該当問題の内容は平易だった。

 生物基礎は、教科書の章立てどおりの大問3題編成。知識問題が中心で、第3問A問題では世界のバイオームの分布を読み取る図が出題された。化学基礎でも、出題分野に偏りはなく、煩雑な計算問題の出題はなく、試験時間内にすべての問題を解き切ることが十分に可能であったと分析している。

 なお、東進はこのあと、理科(1)の解答・問題の掲載および、数学(1)の全体概観や解答・問題の掲載を行う予定だ。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)