【高校受験2015】千葉県公立入試後期<数学>講評…正確さとスピードを要求

教育・受験 受験

千葉県公立高校後期、講評(数学)
  • 千葉県公立高校後期、講評(数学)
  • 学校別出願状況(県立千葉など一部)
 平成27(2015)年度千葉県公立高等学校の「後期選抜」学力検査が3月2日に実施された。リセマムでは、難関高校受験指導で定評のあるSAPIX(サピックス)中学部の協力を得て、学力検査の「数学」を講評する。この他の教科(全5教科)についても同様に掲載する。

◆<数学>講評(SAPIX中学部)

 大問5題で構成され、大問1は計算問題、大問2は小問集合(=関連のない小問をまとめて大問にしたもの)、大問3、4、5では関数、平面図形、数の規則性などが出題されます。

 出題される単元は前期とほぼ同様です。前期よりも試験時間が10分短くなっているため、前期より量も難度も低くなりやすいですが、今年の問題は前期とほぼ同じボリュームであったため、正確さとともにスピードも要求されます。大問1、2を短時間で解き終え、大問3以降に多くの時間をかけられた受験生が高得点をとれたと思われます。

[1]計算問題
例年、基本的な計算問題6問となっています。ミスなく完答したい大問です。

[2]小問集合
 例年通り小問が5問で、(1)方程式の文章題、(2)反比例の立式、(3)平行線と角度、(4)さいころを二つ用いた確率、(5)作図が出題されました。(4)(5)は前期と同じ分野の出題でしたが、いずれも前期と比べると難度は決して高くありませんので、ここで確実に得点したいところです。

[3]二次関数
 (1)は2点を通る直線の式を求める平易な問題ですが、(2)は解答が複数存在するということもあり、等積変形を利用した問題を数多くこなしてきた受験生でないと完答は困難だったと思われます。

[4]平面図形
 例年通り、穴埋め形式の証明問題と面積比を求める問題でした。(1)は千葉県公立高の証明問題としては易しい部類に入ります。(2)は面積比の典型的な問題なので、難関校合格のためにはミス無く解き進めたいところです。

[5]動点問題・規則性
 昨年の後期と同様、平面図形を用いた規則性の問題でした。今年は円周上を往復運動する2点について、先生と生徒の会話形式で出題されました。難度はやや高めですが、題意を読み取ってていねいにグラフを描き、規則性をみつけることができれば、解き進めることは十分可能です。じっくり考えるだけの時間をこの大問に残せたかどうかが高得点をとるためのポイントとなったでしょう。

数学:問題 正答(提供:千葉県教育委員会)

 このレポートは2015年3月3日(入試翌日)に速報としてSAPIX中学部により作成されたもの。なお、SAPIX中学部は、下記の日程で2015 高校入試分析会を開催する予定だ。

・2015 高校入試分析会 千葉県(国私立難関高・千葉県立トップ高)
 3月22日(日)SAPIX中学部 新浦安校

・入試問題分析会(開成・筑駒高/慶應女子高/学芸大附高)
 4月12日(日)代ゼミタワー
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)