国公立大現役進学率ランキング西日本編…1位諫早、2位砺波

教育・受験 受験

全国国公立大学「現役」進学率ランキング2015(西日本編)
  • 全国国公立大学「現役」進学率ランキング2015(西日本編)
  • キャンパスナビネットワーク
 大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」は7月9日、全国国公立大学「現役」進学率ランキング2015(西日本編)を発表した。1位「諫早」、2位「砺波」、3位「富岡東」で、上位20校のうち、私立は甲陽学院1校だけだった。

 ランキングは、西日本の高校について、2015年度入試における国公立大学現役進学者率(進学者数/卒業生数)の高い順に並べたもの。

 全国国公立大学「現役」進学率は、1位が諫早(長崎)72.4%、2位が砺波(富山)69.6%、3位が富岡東(徳島)67.3%、4位が長崎東(長崎)67.0%、5位が松山南(愛媛)66.9%。各地域の公立校の進学率が高く、進学率が60%以上の学校は15校にのぼる。

 甲陽学院以外の近畿圏の高校がランクインしていない理由について、同サイトは「近畿圏は地方に比べて進学校の数が多く、進学者が分散する。そのため、現役合格率が高い学校が少ないようだ。国公立大現役進学率ランキングは、地方の公立校の強さが際立っている」と分析している。

 ランキングは、今週の無料記事として大学通信が運営する「キャンパスナビネットワーク」に掲載されている。携帯サイト「教育進学総合研究所」に会員登録(月額324円)すれば、すべての記事を閲覧できる。

◆全国国公立大学「現役」進学率ランキング2015(西日本編)
1位:諫早(長崎)72.4%
2位:砺波(富山)69.6%
3位:富岡東(徳島)67.3%
4位:長崎東(長崎)67.0%
5位:松山南(愛媛)66.9%
6位:大分舞鶴(大分)65.8%
7位:武生(福井)65.4%
8位:松山西中教(愛媛)65.2%
9位:甲陽学院(兵庫)65.1%
10位:広島(広島)62.1%
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)