100円朝食の次は“軽”食がブームに?明大10/26-30…食で学生を応援

 明治大学は、夕方から夜にかけて授業やゼミ、課外活動に励む学生を食で支援することを目的に、10月26日から30日まで「100円軽食」を実施する。夕方の時間帯に、日替わりメーンメニュー・フルーツ・コーヒーまたは紅茶をセットにした100円の“軽食”を提供する。

生活・健康 大学生
明治大学・100円軽食ポスター(駿河台キャンパス)
  • 明治大学・100円軽食ポスター(駿河台キャンパス)
  • 100円軽食メニュー表(駿河台キャンパス)
  • 100円軽食メニュー表(生田キャンパス)
  • 明治大学
 明治大学は、夕方から夜にかけて授業やゼミ、課外活動に励む学生を食で支援することを目的に、10月26日から30日まで「100円軽食」を実施する。夕方の時間帯に、日替わりメーンメニュー・フルーツ・コーヒーまたは紅茶をセットにした100円の“軽食”を提供する。

 100円軽食は、学生健康保険互助組合の予防給付活動として、夕方から夜にかけて授業やゼミなどの活動に励む学生に健康的な軽食を食べてエネルギー補給をしてもらうことを目的に実施する新たな試み。明治大学では、2014年度より100円で朝食を提供する「100円朝食」を実施しており、新企画となる今回は駿河台・生田の2キャンパスで試験的に導入する。

 100円軽食で提供するメニューは、サンドイッチや焼きたてパンなどの日替わりメーンメニューとフルーツ・コーヒーまたは紅茶のセット。2キャンパスともに、各日50食を提供する予定だ。

 駿河台キャンパスの提供時間は16時から、生田キャンパスでは15時半からとなっている。対象は明治大学の学生(学部・大学院)のみで、食事の際は学生証の提示が必要。夕方に軽食をとることで、空腹からくる夕食の食べ過ぎを防ぎ、翌朝に朝食をとることにもつながるという。明治大学では、100円軽食が食生活改善のきっかけとなることを目指して取り組んでいくという。

 「100円軽食」のヒントを生んだ「100円朝食」はこれまでにもさまざまな大学で提供され、反響を呼んできた。2013年には立命館大学、2014年には駒澤大学が100円朝食を提供したほか、近畿大学が2015年5月7日から東大阪キャンパスにて提供を開始した。また、慶應義塾大学や福島のいわき明星大学では年2回期間限定で100円朝食を実施。各大学ともに、1日の始まりに栄養バランスの取れた朝食を取ることで食と生活習慣を改善し意欲的な学習につなげることを目的に、健康保険互助組合の予防給付や大学後援会、父母会などの援助を得て実施しているケースが多いようだ。「100円軽食」の全国的な定着に注目が集まりそうだ。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)