努力量を競う「すららカップ」1/1開始…21世紀型スキルを養う新企画も

教育ICT 小学生

すらら
  • すらら
  • 過去の賞品例
  • すららカップとは
 すららネットは2016年1月1日~2月29日までの期間、成績ではなく学習量を競う大会「すららカップ」を開催する。11回目を迎える今回は、新たに21世紀型スキルの向上を目的とした新企画や小学生ランキングを新設。全国の「すらら」利用者が学年を問わず努力量を競い合う。

 すららカップは、偏差値や点数ではなく「総学習時間」や「総学習量」といった努力指標で学年やエリアを問わずすべての「すらら」利用者が競い合う大会。偏差値や成績といった結果ではなく、ひとりひとりが積み重ねた努力を正当に評価することで「努力の結果である成績向上」を意識し、頑張った成功体験から学習へのモチベーションを向上させることを目的としている。

 11回目となる今回は、「個人部門」「小学生ランキング」「チャレンジW30賞」「チーム対抗部門」の4部門を開催。小学生ランキングは今回新たに設けられた部門で、小学生ユーザーのみを対象に総学習時間の全国上位3名を表彰するもの。定期テストや受験がなく勉強のモチベーションを保ちにくい小学生に学習のきっかけを与え、早期の学習習慣定着を目的としている。

 またチーム対抗部門では、新たに21世紀型スキルの総合的な向上を図るための企画を取り入れる。目標学習時間の設定や学習計画の設計、進捗管理、結果の振り返り、行動改善をチームで行うことで、目標実行力やチームワーク、課題解決力などを養うことをねらいとしているという。

 個人部門とチーム対抗部門の1位にはiPad mini2、2位にはSwatch、3位にはマンハッタンポーテージ(バッグ)が贈られる。そのほかの部門でも賞品が用意されている。大会結果は2016年3月発表予定。

◆第11回「すららカップ」
実施期間:2016年1月1日(金)~2月29日(月)
対象:すらら受講生全員が自動的にエントリー(別途申込み不要)
学年:問わず
科目:英語・数学(算数)・国語
範囲:小4~高3の履修範囲
開催部門・審査基準:
・個人部門(総学習時間・クリアユニット数の全国上位各20名を表彰)
・小学生ランキング(小学生ユーザーの総学習時間の全国上位3名を表彰)
・チャレンジW30部門(ひと月30時間以上を2か月連続で達成、もしくは期間中毎日1ユニット以上の学習達成のいずれかに該当した全ユーザーを表彰)
・チーム対抗部門(3名1組によるチームの総学習時間・クリアユニット数の全国上位各20チームを表彰)
賞品:(個人/チーム対抗部門)
1位 iPad mini2、2位 Swatch、3位 マンハッタンポーテージ(バッグ)
※そのほかの部門でも賞品を用意
最終結果発表:2016年3月予定
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)