【高校受験2016】徳島県公立入試出願状況・倍率(2/24時点)…徳島市立・理数1.10倍

教育・受験 中学生

徳島県公立高等学校一般選抜出願状況(定時制課程)
  • 徳島県公立高等学校一般選抜出願状況(定時制課程)
  • 徳島県公立高等学校一般選抜出願状況(全日制課程)
 徳島県教育委員会は、2月24日時点の徳島県公立高等学校一般選抜出願状況を発表した。全日制課程の募集人員5,132人に対し、5,380人が出願。倍率は1.05倍となった。

 2月24日時点の出願状況で、倍率がもっとも高かったのは吉野川(農業科学)1.53倍。ついで、徳島科学技術(海洋科学類)1.50倍、徳島科学技術(建設技術類)1.35倍、吉野川(生物活用)1.30倍、富岡西(理数)1.28倍。ほか、徳島市立(理数)1.10倍、徳島北(国際英語)1.05倍、城東(普通)1.02倍など。各学校・学科ごとの詳細な志願状況や倍率は徳島県教育委員会Webサイトで確認できる。

 定時制課程は募集人員210人に対し131人が出願し、倍率は0.62倍。倍率がもっとも高かったのは、富岡東(普通)1.07倍だった。

 今後は、3月1日正午~3月3日午後1時まで志願変更を受け付け、志望変更後の最終出願者数が3月3日に発表される予定。その後、学力検査を3月8日、面接などを3月9日に実施する。合格発表日は3月16日。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)