千葉大、学生が共働き家庭の現状を学ぶ「子育てインターン」を実施

 千葉大学教育学部は2016年度前期の「キャリア教育」の授業で、学生が共働きの子育て家庭でインターン体験をするプログラムを実施すると発表した。34名の学生が受講する予定で、「仕事と子育ての両立」における現状を学ぶという。

教育・受験 大学生
千葉大学教育学部
  • 千葉大学教育学部
  • 「キャリア教育」の講師ら
  • 講義の日程と内容
  • 千葉大学
 千葉大学教育学部は、同学部の2016年度前期授業「キャリア教育」で学生が共働きの子育て家庭でインターン体験をするプログラムを実施すると発表した。34名の学生が受講する予定で、「仕事と子育ての両立」における現状を学ぶという。

 子育てインターンシップを実施するのは、千葉大学教育学部の1~4年生を対象にした「キャリア教育」の授業。1回90分、全15回の授業は、共働き家庭内でのインターンシップ「ワーク&ライフ・インターン」を運営するスリールと協働で行う。

 現在、学校現場で実施されているキャリア教育は職業・勤労(ワーク)の面についての指導が中心となっており、「キャリア」という言葉の本来の意味合いである「生き方(ライフ)」について知る機会が少ない。「キャリア教育」の授業では学生が「結婚・妊娠・出産・子育て」について学び、ワークだけではなくライフの面を含めたキャリア教育のあり方を考えられるようになることを目指している。

 授業では講義のほかに、共働きで子育てをしている家庭を訪問する「子育て体験実習」を2回実施する予定。実習では、子どもと触れ合ったり、親へのインタビューをしたりする。ほかにも、育児休業を活用した社会人や教育関係者から直接話を聞くことができる講座も予定している。

 講義や体験を通して、受講者自身が考えた自分のキャリアプランや、「教員が学校教育の中でできること」「子どもへのキャリア教育のあり方」などについて、授業の最後でプレゼンテーションを行い、発表する。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)