ドラえもんと学ぶプログラミング、3歳から楽しむ知育玩具「ひらめきパッド」

教育ICT 未就学児

ドラえもんひらめきパッド (c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
  • ドラえもんひらめきパッド (c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
  • 使用イメージ (c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
  • プログラミングがくしゅう ステージ1 (c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
  • プログラミングがくしゅう ステージ2 (c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
  • プログラミングがくしゅう ステージ3 (c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
  • こくご かいてみよう (c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
  • さんすう たしざんをしよう (c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
  • えいご アルファベットひょう (c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
 バンダイは、ドラえもんと一緒に楽しく学んで遊べるタブレット型の知育・学習液晶玩具「ドラえもんひらめきパッド」を9月30日に発売する。価格は14,800円(税別)で、全国の玩具店や百貨店、量販店、家電量販店の玩具売場、インターネット通販などで販売する。

 「ドラえもんひらめきパッド」は、ドラえもんや仲間たち、ドラえもんの「ひみつ道具」とともに、基礎勉強に楽しく取り組めるタブレット型の知育・学習液晶玩具。対象年齢は3歳からで、2020年から小学校で「プログラミング 教育」が必修化されることを受け、論理的な考え方を習得するための「プログラミング学習」も体験できるコンテンツが搭載されている。

 学習カテゴリーは「プログラミングがくしゅう」「こくご」「さんすう」「えいご」「せいかつ」「おんがく・ずこう」「せかい・れきし」「ゲーム」「ひみつどうぐミュージアム」の9つ。お絵描きやひらがなの練習など3歳児から取り組める内容から、小学1年生レベルの漢字、計算、英語のアプリまで、全40アプリ・出題数1,000問以上を搭載。小学校の就学準備として長く学ぶことができる。

 各アプリでは「ひみつ道具」を使ったドラえもんならではの学習やゲームをすることが可能。遊んで学ぶほど「ひみつどうぐミュージアム」に「ひみつ道具」が増えていくため、達成感と学習意欲を刺激しながら自主的な学習を後押しする。

 発売にあたり、CANVAS理事長で慶應義塾大学准教授の石戸奈々子氏は「これからの未来を生きる子どもたちには、プログラミングを通じて、論理的に考えて問題を解決する力や、他者と協力して想像する力を身につけてもらいたいです。キャラクターが登場するプログラミングの学習教材では、まるで友達と遊ぶかのような感覚で、学びを楽しめるのではないでしょうか」とコメントを寄せている。

◆ドラえもんひらめきパッド
価格:14,800円(税別)
発売日:2017年9月30日(土)
対象年齢:3歳以上
セット内容:本体、タッチペン(本体に収納可能)、取扱説明書
販売先:全国の玩具店や百貨店、量販店、家電量販店の玩具売場、インターネット通販など
※本体は単3乾電池×4本の電池式だが、別売りの「バンダイACアダプター(Bタイプ):2,000円(税別)」にも対応

(c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)