「薬が効かないばい菌」研究者トーク&体験…日本科学未来館2/12・18

教育イベント 小学生

日本科学未来館「迫りくる!薬が効かないばい菌たち」
  • 日本科学未来館「迫りくる!薬が効かないばい菌たち」
  • 日本科学未来館
 日本科学未来館は2018年2月12日と2月18日に、イベント「迫りくる!薬が効かないばい菌たち」を開催する。薬剤耐性菌や感染症の予防方法などについて、研究者の話やワークショップを通じて学ぶ。参加対象は小学4年生以上。事前申込み不要。

 薬剤耐性とは、細菌が薬に対する抵抗力を示し抗菌薬が効きにくくなることを指す。薬剤耐性菌は抗菌薬の多様や不適切な使用などが原因で発生し、人が知らず知らずのうちに薬剤耐性菌の出現を助長していたり、いつの間にか感染していたりすることもあるという。

 同イベントでは、薬剤耐性問題の分析と情報発信に取り組む専門家チームを招き、薬剤耐性菌を生み出さないためにできる正しい薬の使い方や、そもそも薬が必要にならないよう感染症を防ぐにはどうすればよいのかなど、実践的な方法を伝えるという。講師は、AMR臨床リファレンスセンター主任研究員の松永展明氏。

 また、実際に菌を確認する体験コーナーとして、手洗いの洗い残しを可視化する「見よう!」、手に付着している微生物の量を手洗いの前後で測定する「測ろう!」という2つのワークショップを開催する。そのほか、病原体の広がりや耐性菌の出現に関する動画や資料も展示する。

 トークイベントは1日に2テーマを30分ずつ開催。1回の定員は40名程度だが、立ち見での見学も可。ワークショップ「測ろう!」は1日3回の実施で、各回先着10名(1グループにつき1名)。参加はいずれも当日会場で直接受け付ける。

◆日本科学未来館「迫りくる!薬が効かないばい菌たち」
開催日:2018年2月12日(月・祝)、2月18日(日)
時間:スペシャル・トーク1「どう防ぐ?感染症と耐性菌」/12:30~13:00(両日)
スペシャル・トーク2「生み出すのはあなたかも?薬が効かない耐性菌」/15:30~16:00(両日)
ワークショップ「見よう!」/12:00~17:00(両日)
ワークショップ「測ろう!」/13:30~、14:30~、16:30~(両日)※各回先着10名( 1グループにつき1名 )
会場:日本科学未来館5階 コ・スタジオ、3階実験工房
対象:小学4年生以上
定員:40名程度 ※立ち見も可
参加費:入館料のみ
参加方法:事前申込み不要、当日会場で受け付ける
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)