「Qrioただいまキット」一般販売開始…子どもの帰宅をLINEで通知

 Qrioは、2018年1月17日から2月13日の期間クラウドファンディングにて予約販売していた、子ども見守りサービス「Qrioただいまキット~こどもの『ただいま』をLINEでお知らせ~」を、2月22日より家電量販店やECサイトにて一般発売すると発表した。価格は12,380円(税別)。

デジタル生活 小学生
Qrioただいまキット~こどもの「ただいま」をLINEでお知らせ~
  • Qrioただいまキット~こどもの「ただいま」をLINEでお知らせ~
  • 【左】Qrio Smart Tag【右】Qrio Hub
  • Qrio Smart Tag 使用イメージ
 Qrioは、2018年1月17日から2月13日の期間クラウドファンディングにて予約販売していた、子ども見守りサービス「Qrioただいまキット~こどもの『ただいま』をLINEでお知らせ~」を、2月22日より家電量販店やECサイトにて一般発売すると発表した。価格は12,380円(税別)。

 「Qrioただいまキット」は、スマートフォン連携IoT「Qrio Smart Tag」とゲートウエイ機器「Qrio Hub」がセットになった商品。「Qrio Smart Tag」を持つ子どもが帰宅すると、家に設置している「Qrio Hub」が検知し、子どもの「ただいま」を保護者にLINEで知らせる。帰宅時だけでなく、子どもが家を出たときの「いってきます」のメッセージや時刻もLINEで通知される。

 当初、ソニーの新規事業支援サービスを利用し、クラウドファンディング&ECプラットフォーム「First Flight」で予約販売を行っていたが、この度、家電量販店や雑貨店、ECサイトなどでの取扱いを開始し、より多くの人が手に取れる環境を整えたという。

 「Qrioただいまキット」を購入すれば、月額費用や追加費用不要で使用できる。さらに「Qrio Smart Tag」を買い足すことで、複数の持ち物につけることや兄弟にそれぞれ持たせることなどが可能。通知はLINEグループに届くため、祖父母なども自由に追加することができる。

 Qrioは、「Qrioただいまキット」を通じて昨今問題となっている「ワンオペ育児」の解消や家庭の心理的な保育負担を軽減させ、子どもの安全・安心な環境の構築を支援したいとしている。

◆Qrioただいまキット~こどもの「ただいま」をLINEでお知らせ~
端末:「Qrio Smart Tag」+「Qrio Hub」
価格:12,380円(税別)
一般発売日:2018年2月22日(木)
対応端末:iOS(iOS10以上、iPhone5以降)、Android(Android4.4以上、Bluetooth対応端末)
通知機能:帰宅・外出の遠隔通知
販売チャネル:EC(Amazon、Sony First Flightなど)、家電量販店、雑貨店など
※利用には2.4GHzなどのWi-Fi環境が必要

【Qrio Smart Tag】
サイズ:[本体]高さ46mm/幅26mm/厚さ8.5mm[リボン]長さ50mm/幅9mm
重さ:10g(CR2032リチウム電池3g含む)
対応OS:iOS 10以上/Android4.4以上
通信:Bluetooth 4.0 Low Energy(BLE)
付属品:本体/リチウム電池(CR2032)/リボン/キーリング/簡易ドライバー/取扱説明書など
※製品の仕様は予告なく変更される場合あり

【Qrio Hub】
サイズ:高さ91.2mm/幅71mm/奥行き26mm
重さ:約105g
対応OS:iOS 10以上/Android4.4以上
通信:Wi-Fi802.11b/g/n、Bluetooth Low Energy(BLE)
※Qrio Hubの利用にはWi-Fi環境が必要
※製品の仕様は予告なく変更される場合あり
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)