【GW2018】親子イベント多数、房総のむら「春まつり」5/3-5

 千葉県立房総のむらは平成30年5月3日~5日、「春まつり」を開催する。民俗芸能や大道芸、時代衣装変身体験などの特別イベントのほか、かざくるま作りや和船体験など、家族で楽しめるプログラムが盛りだくさんだ。

趣味・娯楽 小学生
千葉県立房総のむら「春まつり」
  • 千葉県立房総のむら「春まつり」
  • 菖蒲(しょうぶ)飾り
  • 鍾馗(しょうき)のぼり
  • 鶴峯八幡宮十二座神楽
  • 和船体験
  • 猿回し
  • 時代衣裳変身体験
  • 時代衣裳変身体験
 千葉県立房総のむらは平成30年5月3日~5日、「春まつり」を開催する。民俗芸能や大道芸、時代衣装変身体験などの特別イベントのほか、かざくるま作りや和船体験など、家族で楽しめるプログラムが盛りだくさんだ。

 房総のむらは、房総地方の歴史や伝統技術を学ぶことができる体験型博物館。江戸時代から明治時代の建物を再現した「商家の街並み」やかやぶき屋根の「武家屋敷」「農家」など江戸の情緒あふれる風景の中で、房総地方に古くから伝わる文化への理解を深めることができる。

 春まつり期間中は、「端午の節句」にあわせて鯉のぼりや鍾馗(しょうき)のぼりが揚げられ、商家の街並みや農家の軒には「菖蒲(しょうぶ)」が飾られる。

 特別イベントでは、千葉県指定無形民俗文化財の「鶴峯八幡宮十二神楽」のほか、「猿回し」や「南京玉すだれ」といった大道芸も上演。好きな衣装を着て館内を散策できる「時代衣装変身体験」も行われる。

 ほかにも、「お箸作り」や「和船体験」「千代紙ろうそく作り」「甲冑試着」「かざぐるま作り」「ざる・かご作りの実演」など、体験・実演イベントも多数開催される。

 入場料は一般300円、高校生・大学生150円、中学生以下と65歳以上は無料。イベントにより開催日が異なるため、事前に確認が必要。詳細はWebサイトで確認できる。

◆房総のむら「春まつり」
開催日:平成30年5月3日(木・祝)~5日(土・祝)
時間:9:00~16:30
所在地:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028
入場料:一般300円、高校生・大学生150円、中学生以下・65歳以上無料

【特別イベント】
・県指定無形民俗文化財「鶴峯八幡宮十二神楽」(県指定無形民俗文化財「鶴峯八幡宮十二神楽保存会」)(3日)
・鯉のぼり展示
・時代衣装変身体験 ※別途体験料が必要
・レトロ写真館 ※別途撮影料が必要
・ぼうじろー登場
・紙芝居
・手車(江戸のヨーヨー)(3日)
・鞠曲芸(3日)
・忍者アクロバット(4日)
・南京玉すだれ(4・5日)
・狂言入門(5日)
・猿回し(4・5日)

【体験・実演】※一部体験料が必要なプログラムもある
<商家の街並み・武家屋敷>
・甲冑試着(5日)
・お箸作り
・野点
・和船体験
・千代紙ろうそく作り
・手形・足形作り
・ラシャ切り鋏の実演(5日)
<農家エリア・おまつり広場>
・昔のあそび(広場)(3・4日)
・かざぐるま作り(広場)
・機織りコースター
・竹とんぼ作り(5日)
・ざる・かご作りの実演(3・4日)
<風土記の丘資料館>
・縄文ハンター

※詳細はWebサイトで確認できる
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)