【夏休み2018】トーハク×びじゅチューン、家族向け「なりきり日本美術館」

趣味・娯楽 小学生

トーハク×びじゅチューン!なりきり日本美術館
  • トーハク×びじゅチューン!なりきり日本美術館
  • トーハク×びじゅチューン!なりきり日本美術館
  • トーハク×びじゅチューン!なりきり日本美術館
  • 「冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏」葛飾北斎筆
  • 重要文化財「麗子微笑」岸田劉生筆
  • 東京国立博物館
  • びじゅチューン!
 東京国立博物館は2018年7月24日から9月9日まで、夏のファミリー向け企画として「びじゅチューン!」とのコラボレーションによる参加・体験型展示「トーハク×びじゅチューン!なりきり日本美術館」を開催する。

 「びじゅチューン!」は、世界の「びじゅつ」を歌とアニメで紹介するNHK Eテレの番組。「トーハク×びじゅチューン!なりきり日本美術館」では、葛飾北斎の浮世絵「冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏」や菱川師宣の「見返り美人図」、岸田劉生の「麗子微笑」など、「びじゅチューン!」で歌になった東京国立博物館所蔵品の複製や映像を使った体験型展示を行う。

 体験型展示では、高精細画像を用いた複製や映像などを使用しており、作品に登場する人物や描いた人になりきって、作品の背後にある物語や風景、描かれた人々の暮らしを体感することができる。自由な想像力で芸術作品に親しみ、鑑賞を深めることを目指す。

 別会場では、「びじゅチューン!」の歌のもとになった「本物」の作品に触れることもできる。そのほか、「びじゅチューン!」の作詞・作曲・歌・アニメーションを手掛けるアーティストによる「井上涼 トーハク×びじゅチューン!コンサート(仮称)」、ファミリープログラム「なりきり日本美術」などのイベントも実施予定で、いずれも事前申込制。詳細は、6月中旬以降に東京国立博物館のWebサイトにて公開される。

 また、8月5日のトーハクキッズデーでは、ワークショップやギャラリートーク、子どもコンサートなど、1日博物館で遊べる子ども向け企画を多数用意しているという。

◆親と子のギャラリー「トーハク×びじゅチューン!なりきり日本美術館」
日時:2018年7月24日(火)~9月9日(日)9:30~17:00(金曜・土曜は~21:00、日曜は~18:00)
※月曜日は休館(2018年8月13日は開館)
※入館は閉館の30分前まで
会場:東京国立博物館 本館 特別4室・特別5室(東京都台東区上野公園13-9)
観覧料:一般620円(520円)/大学生410円(310円)
※かっこ内は20名以上の団体料金
※高校生以下および満18歳未満、満70歳以上は無料
※子ども(高校生以下および満18歳未満)と一緒に来館した者(子ども1名につき同伴者2名まで)は団体料金
※障がい者とその介護者1名は無料
※平成館にて同時期に開催の特別展「縄文」(2018年7月3日~9月2日)は別料金、ただし中学生以下は無料

【総合文化展】
※特記していないものは会期中全期間展示

●本館18室
・「冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏」葛飾北斎筆:2018年7月24日(火)~8月19日(日)
・「名所江戸百景・大はしあたけの夕立」歌川広重筆:2018年8月21日(火)~9月9日(日)
・重要文化財「麗子微笑」岸田劉生筆

●本館1室
・火焔型土器 伝新潟県長岡市馬高出土

●本館9室
・重要文化財 能面 小面「出目満昆」焼印:2018年8月21日(火)~10月14日(日)
※以上 東京国立博物館蔵

●平成館
特別展「縄文」:2018年7月3日(火)~9月2日(日)
・国宝 中空土偶 北海道函館市著保内野(ちょぼないの)遺跡出土 函館市蔵(函館市縄文文化交流センター保管)
・国宝 火焔型土器 新潟県十日町市笹山遺跡出土 十日町博物館蔵(十日町博物館保管)

【井上涼 トーハク×びじゅチューン!コンサート(仮称)】
日時:2018年8月4日(土)11:30~12:20/14:30~15:20
会場:東京国立博物館 平成館大講堂
申込方法:6月中旬以降、東京国立博物館のWebサイトにて確認できる

【ファミリープログラム「なりきり日本美術」】
日時:2018年8月11日(土)10:00~12:00/14:00~16:00
会場:東京国立博物館 本館
申込方法:6月中旬以降、東京国立博物館のWebサイトにて確認できる
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)