大阪府北部地震、JASSOが緊急採用奨学金・返還期限猶予など申込受付

 日本学生支援機構は2018年6月19日、平成30年大阪府北部を震源とする地震にかかる災害救助法適用地域の世帯の学生に対する「緊急採用奨学金」の申込み、「減額返還・返還期限猶予」の願出、「JASSO支援金」の申請を受け付けることを発表した。

生活・健康 大学生
緊急採用奨学金
  • 緊急採用奨学金
  • 減額返還
  • 返還期限猶予
  • JASSO支援金
  • 「JASSO支援金」周知用チラシ(概要)
  • 「JASSO支援金」周知用チラシ(概要)
  • 日本学生支援機構
 日本学生支援機構は2018年6月19日、平成30年大阪府北部を震源とする地震にかかる災害救助法適用地域の世帯の学生に対する「緊急採用奨学金」の申込み、「減額返還・返還期限猶予」の願出、「JASSO支援金」の申請を受け付けることを発表した。

 「緊急採用奨学金」では、災害救助法適用地域に居住する世帯で、平成30年大阪府北部を震源とする地震の影響で家計が急変したことにより奨学金を希望する者を対象に、該当者全員の推薦を受け付ける。

 6月18日に内閣府が発表した「平成30年大阪府北部を震源とする地震にかかる災害救助法の適用について」の第1報によると、災害救助法の適用地域は、大阪府の大阪市、豊中市、吹田市、高槻市、守口市、枚方市、茨木市、寝屋川市、箕面市、摂津市、四條畷市、交野市、三島郡島本町の12市1町。適用地域の追加などについては、内閣府のWebサイトを確認することとしている。

 奨学金の種類は、第一種奨学金(無利息)と第二種奨学金(利息付)の2種類。申込みは、在学している学校を通じて行う。年間を通じて随時採用するが、予算の運用上、翌年度の採用になる場合がある。また、災害救助法の適用を受けない近隣の地域で、同等の災害に遭った世帯の学生および同地域に勤務し勤務先が被災した世帯の学生で同等の災害に遭ったものについても、採用できる場合がある。いずれの場合も学校窓口に相談が必要。

 「減額返還・返還期限猶予」では、平成30年大阪府北部を震源とする地震により奨学金の返還が困難となった者を対象に、減額返還または返還期限猶予を認める。願出方法は、「奨学金減額返還願」または「奨学金返還期限猶予願」を日本学生支援機構へ提出する。

 「JASSO支援金」では、平成30年大阪府北部を震源とする地震により居住する住宅に半壊以上などの被害を受けたことで、学生生活の継続に支障をきたした学生を対象に、一日も早く通常の学生生活に復帰し学業を継続するための支援として、支援金を支給する。支給額は10万円(返済不要)。申込みは、在学している学校を通じて行う。

 いずれも詳細は、日本学生支援機構のWebサイトにて確認できる。

◆緊急採用奨学金
対象:災害救助法適用地域に居住する世帯で、平成30年大阪府北部を震源とする地震により家計が急変し、奨学金を希望する者
申込方法:在学している学校を通じて申し込む

◆減額返還・返還期限猶予
対象:平成30年大阪府北部を震源とする地震により奨学金の返還が困難となった者
願出方法:「奨学金減額返還願」または「奨学金返還期限猶予願」を日本学生支援機構へ提出する

◆JASSO支援金
対象:平成30年大阪府北部を震源とする地震により学生本人が居住する住宅に半壊以上などの被害を受けた者
申請方法:在学している学校を通じて申し込む
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)