【夏休み2018】テクノロジーが創り出す新体験、ソニーであそぶ夏祭り7/12-8/31

 ソニーは、ソニースクエア渋谷プロジェクトにおいて2018年7月12日から8月31日の期間、新企画「ソニーであそぶ“夏祭り”」を開催する。ソニーならではのテクノロジーとコンテンツを掛け合わせた、新しい“夏祭り”を渋谷の真ん中で楽しむことができる。 

趣味・娯楽 その他
Immersive Space Entertainment~没入型ドーム映像体験~フィットネスバイク(イメージ)
  • Immersive Space Entertainment~没入型ドーム映像体験~フィットネスバイク(イメージ)
  • Immersive Space Entertainment~没入型ドーム映像体験~KLEIN(イメージ)
  • aiboとあそぼ(イメージ)
  • お祭り変身フォト(イメージ)
  • 奏でる交差点夏祭り(イメージ」)
  • かざぐるま×MESH(イメージ)
  • MESH
  • 射的&金魚すくい×Xperia Touch(イメージ)
 ソニーは、渋谷モディ1階にあるソニーの情報発信拠点“ソニースクエア渋谷プロジェクト(Sony Square Shibuya Project)”において、2018年7月12日から8月31日の期間、新企画「ソニーであそぶ“夏祭り”」を開催する。ソニーならではのテクノロジーとコンテンツを掛け合わせた、新しい“夏祭り”を渋谷の真ん中で楽しむことができる。 

 ソニーであそぶ“夏祭り”では、会期中4つのコンテンツが体験できる。ソニー一押しのコンテンツは、デバイスを身に付けずにVRコンテンツに没入できる空間「Immersive Space Entertainment~没入型ドーム映像体験~」。ドームに映し出される映像を楽しみながら実際に自転車にまたがってペダルを漕ぐと、風を感じてサイクリングしている体験ができるインタラクティブなコンテンツ「フィットネスバイク」のほか、ソファーにゆったり座りながら東京観光が楽しめる「A DAY」、宇宙空間を旅することができる「KLEIN」と、期間や時間に応じて異なる3種類の内容を実施する。

 自分が夏祭り会場にいるかのような写真が撮影できるフォトスポット「お祭り変身フォト」には、人や物の形状を瞬時に認識して4K高画質のAR演出ができるインタラクティブ・デジタルサイネージ「MITENE」を導入。「奏でる交差点夏祭り」では、渋谷モディ前の交差点のリアルタイムライブ映像がモニターに映し出され、太鼓などの和楽器の絵が描かれた部分をタッチすると、夏祭りを感じる音を奏でることができる。

 また、自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」と触れ合える「aiboとあそぼ」など、最先端テクノロジーを楽しく体験できるコンテンツがそろっている。

 さらに、渋谷モディ1階入口にある店頭プラザにおいても、7月12日から7月22日の期間限定でソニーの商品やテクノロジーを掛け合わせた夏祭りの雰囲気が楽しめるイベントを展開。aiboと触れ合えるやぐらを中心に、IoTブロック「MESH(メッシュ)」を使った「かざぐるま×MESH」や、スマートプロジェクター「Xperia Touch」を使って壁やテーブルに浮かび上がらせた射的や金魚すくいで遊べる「射的&金魚すくい×Xperia Touch」など、夏祭りの出店のような賑やかなコンテンツを楽しむことができる。

◆ソニーであそぶ“夏祭り”
期間:2018年7月12日(木)~8月31日(金)
場所:渋谷モディ1階 ソニースクエア渋谷プロジェクトおよび渋谷モディ1階店頭プラザ(東京都渋谷区神南1-21-3)
営業時間:11:00~21:00
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)