7/28未明に皆既月食「ブラッドムーン」、大接近中の火星と競演も

 2018年7月28日未明、皆既月食が起こる。東北地方以西で皆既月食、東北地方の一部や北海道では部分月食を見ることができる。皆既月食によって「赤銅(しゃくどう)色」に見える「ブラッドムーン」と、大接近する赤い輝きの火星との競演も楽しみだ。

生活・健康 その他
月食中の月の位置 (c) 国立天文台天文情報センター
  • 月食中の月の位置 (c) 国立天文台天文情報センター
  • 皆既月食のシミュレーション (c) アストロアーツ
  • 地球の影に対する月の動き (c) 国立天文台天文情報センター
 2018年7月28日未明、皆既月食が起こる。東北地方以西で皆既月食、東北地方の一部や北海道では部分月食を見ることができる。皆既月食によって「赤銅(しゃくどう)色」に見える「ブラッドムーン」と、大接近する赤い輝きの火星との競演も楽しみだ。

 皆既月食とは、太陽の光でできた地球の影の中を月が通過するときに見られる現象。太陽、地球、月が一直線に並ぶとき、月が地球の影に完全に入り込み、「赤銅色」と呼ばれる赤黒い色に見える。

 2018年の皆既月食は、1月31日に続いて2回目。日本で皆既月食が1年に2回見られるのは、2011年以来となる。

 国立天文台やアストロアーツによると、7月28日は午前3時24分から月が欠け始め、午前4時30分に完全に欠けて皆既食になる。皆既食は午前6時14分まで続くが、日本では皆既食の途中で月が沈む月没帯食となるため、皆既食のようすは最後まで観察できない。

 東京の月の入りは、午前4時49分。皆既食が始まってすぐに月が沈んでしまうことになる。一方、四国や九州、沖縄では、食の最大まで見ることができる。東北地方の一部や北海道では、月が皆既食になる前に沈むため、部分月食となる。

 月食中の月の近くには、最接近を目前に控えた火星が赤く明るく輝いている。アストロアーツでは、「太陽・地球・月・火星がこの順で一直線に並んでいるところを想像してみると面白いだろう」と解説している。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)