大人から子どもまで絵本をつくる「家やまちの絵本コンクール」9/6まで

 住生活月間中央イベント実行委員会は、第14回「家やまちの絵本コンクール」を開催する。応募期間は2018年7月20日から9月6日。小学生以下の子どもの部、中学生・高校生の部、18歳以上の大人の部、制作者が複数の合作の部が用意されている。

教育・受験 未就学児
大人から子どもまで絵本をつくる「家やまちの絵本コンクール」9/6まで
  • 大人から子どもまで絵本をつくる「家やまちの絵本コンクール」9/6まで
 住生活月間中央イベント実行委員会は、第14回「家やまちの絵本コンクール」を開催する。応募期間は2018年7月20日から9月6日。小学生以下の子どもの部、中学生・高校生の部、18歳以上の大人の部、制作者が複数の合作の部が用意されている。

 「家やまちの絵本コンクール」は家やまちに関心のある子どもや、子どもたちと大人の合作なども対象としたコンクール。国土交通省、文部科学省、住宅金融支援機構、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・愛知県・京都府・兵庫県・福岡県の各教育委員会が後援となっている。

 募集テーマは「『家やまち』への思い・夢・希望、あこがれの家、好きなまちなど」。応募資格は、小学生以下の子どもの部(親による製本の手伝いは可能)、中学生・高校生の部、大人の部(18歳以上)、合作の部(制作者が複数の場合)。作品の条件は、未発表作品で、画材・技法は自由。絵本の大きさはA4サイズ程度、ページ数は表紙・裏表紙と本文16から30ページ(見開き8から15場面)程度としている。手作り絵本に製本するか、クリアーファイル等を使って、絵本の状態にして提出する。カラーコピーでも可能。

 応募者全員に和名12色セットの「にほんの色鉛筆」がもれなく贈られるほか、国土交通大臣賞、文部科学大臣賞など表彰が用意されている。応募はWebサイトの応募用紙をダウンロードし、作品に添付して送付する。

 Webサイトでは、第1回から第13回までの受賞作品を読むことができる。

◆家やまちの絵本コンクール
募集テーマ:「家やまち」への思い・夢・希望、あこがれの家、好きなまちなど
応募資格:
・子どもの部(小学生以下)※親による製本の手伝いは可
・中学生・高校生の部
・大人の部(18歳以上)
・合作の部(制作者が複数の場合)
作品の条件:未発表作品。画材、技法自由。絵本の大きさはA4サイズ程度、ページ数は表紙・裏表紙+本文16~30ページ(見開き8~15場面)程度。手作り絵本に製本するか、クリアーファイル等を使って、絵本の状態にして提出。カラーコピー可
応募方法:「応募用紙」に所定の事項を記入して、作品に添付して送付
表彰内容:
国土交通大臣賞 1作品/賞状と図書カード5万円分
文部科学大臣賞 2作品/賞状と図書カード5万円分
住宅金融支援機構理事長賞 1作品/賞状と図書カード5万円分
都市再生機構理事長賞 1作品/賞状と図書カード5万円分
住生活月間中央イベント・実行委員会委員長賞/4作品:賞状と図書カード3万円分
入選作 各部門上位5作品以内/賞状と図書カード1万円分
参加賞 応募者全員/色鉛筆(和名12色セット)(合作の場合は1作品5個まで)
表彰式:10月中旬の住生活月間中央イベント式典にて行う(上位5作品)
発表方法:平成30年10月下旬~11月上旬にWebサイト上で発表、及び発送をもって知らせる
展示:平成30年10月~11月にかけて住宅金融支援機構(東京都文京区) のギャラリー会場において受賞作品展を予定(受賞4部門5作品の展示を予定)
《田口さとみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)