開成・灘など36チーム出場「数学甲子園2018」本選は9/16

 日本数学検定協会は2018年7月29日から8月3日までの6日間、全国各地で「数学甲子園2018」の予選を開催。開成高等学校や女子学院高等学校、灘高等学校など36チームが、9月16日に行われる本選に出場する。

教育・受験 高校生
「数学甲子園2018」予選のようす
  • 「数学甲子園2018」予選のようす
  • 「数学甲子園2017」本選競技中のようす
  • 「数学甲子園2017」優勝チーム、灘高等学校「バンジー改チーム」
  • 「数学甲子園2018」本選出場校
 日本数学検定協会は2018年7月29日から8月3日までの6日間、全国各地で「数学甲子園2018」の予選を開催。開成高等学校や女子学院高等学校、灘高等学校など36チームが、9月16日に行われる本選に出場する。

 「数学甲子園」は、全国の中学校・高等学校・中高一貫教育校・高等専門学校の数学日本一を、チーム対抗戦で決める大会。単に数学の問題を解くだけでなく、自分たちで問題を創作し、その問題についてプレゼンテーションを行うなどの競技を通じて、「数学力」「創作力」「問題解決力」「チームワーク力」「プレゼンテーション力」を育んでいる。

 東京都や愛知県、大阪府など全14都道府県で開催された「数学甲子園2018」予選には、278校から610チーム2,425人が参加した。予選の結果、各チームの平均点上位24チームと、全国12ブロックの各ブロック最上位12チームの合計36チームが9月16日に東京で開催される本選に出場する。

 本選初出場は、秋田県立秋田高校、女子学院高等学校(東京都)、松本秀峰中等教育学校(長野県)、京都府立洛北高等学校、智辯学園和歌山中学高等学校、広島大学附属高等学校、徳島文理高等学校の7校。もっとも多く本選に出場している滝高等学校(愛知県)は8回目の出場。前回大会優勝の灘高等学校(兵庫県)も出場する。常連校が力強く優勝をもぎとるのか、初出場校が大会に新たな風を巻き起こすのかが見どころのひとつだという。

◆数学甲子園2018
本選(事前)開催日:2018年8月30日(木)~9月1日(土)
本選(事前)会場:本選進出チームの学校内または現地施設
本選開催日:2018年9月16日(日)
本選会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター ソラシティホール(東京都千代田区神田駿河台4-6)
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)