「U-22プログラミング・コンテスト2019」開催決定、応募要項は4月発表

 22歳以下を対象としたプログラミングコンテスト「U-22プログラミング・コンテスト2019」の開催が決定した。応募要項は2019年4月に発表、7月に応募受付を開始する。また、1月25日までWebサイト等制作・コンテスト運営などの事業者の募集も行っている。

教育イベント 小学生
U-22プログラミング・コンテスト2018
  • U-22プログラミング・コンテスト2018
  • コンピュータソフトウェア協会
 22歳以下を対象としたプログラミングコンテスト「U-22プログラミング・コンテスト2019」の開催が決定した。応募要項は2019年4月に発表、7月に応募受付を開始する。また、1月25日までWebサイト等制作・コンテスト運営などの事業者の募集も行っている。

 「U-22プログラミング・コンテスト」は、国内のIT人材の発掘・育成を目的とした22歳以下の若者が対象のプログラミングコンテスト。U-22プログラミング・コンテスト実行委員会が主催、コンピュータソフトウェア協会が運営事務局となって実施しており、2019年で40回目の開催を迎える。

 2018年のコンテストでは、過去最多となる460作品の応募があり、参加者総数は前年(2017年)比1.4倍の1,581名だった。10月に行われた最終審査会では、小学生から大学生の幅広い層が経済産業大臣賞をはじめとした各賞を受賞した。

 2019年のコンテストは、2019年4月に応募要項を発表。7月から9月初旬に応募を受け付け、10月に最終審査会と各賞発表が行われる予定。

 また、1月25日までWebサイト等制作・コンテスト運営などの事業者の募集も行っている。申込方法など詳細は、コンピュータソフトウェア協会のWebサイトにて確認できる。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)