19~22歳の女子学生、支出金額の22.4%を毎月堅実に貯金

 若者マーケティング研究機関「SHIBUYA109 lab.(読み:シブヤイチマルキューラボ)」はaround20と定義する15歳~24歳のうち、19歳から22歳の学生・女性を対象にお金と働き方について調査を行い、2019年4月16日に結果を公開した。

生活・健康 大学生
アルバイト事情と平日・休日の過ごし方について
  • アルバイト事情と平日・休日の過ごし方について
  • 女子大生のお財布事情
  • アルバイトをしているか否か
  • アルバイトに求めること
  • アルバイトに費やす時間
  • いくら得ているか
  • お小遣いの有無
  • 何に使っているか
 若者マーケティング研究機関「SHIBUYA109 lab.(読み:シブヤイチマルキューラボ)」はaround20と定義する15歳から24歳のうち、19歳から22歳の学生・女性を対象にお金と働き方について調査を行い、2019年4月16日に結果を公開した。

 調査対象はWebアンケートは首都圏在住(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)の19歳から22歳の学生(女性)で、有効回答数は400。SHIBUYA109館内で実施したアンケート調査(SHIBUYA109ガールズ調査)は、SHIBUYA109来館者around20の大学生および専門学校生の女性で、有効回答数は120。

 現在のアルバイト状況を確認したところ、アルバイトをしている人は65.0%という結果となった。アルバイトに求めていることとしてもっとも多い回答は、「お金が稼げる(72.3%)」ついで「シフト調整がしやすい(69.5%)」「自宅や学校に近い(55.3%)」となり、学業と両立しながら、稼ぐことができる効率的な働きやすさを重視する傾向があることが分かった。

 毎週アルバイトに費やす時間については、「週10~15時間未満」がもっとも多く25.1%、ついで「週15~20時間未満」が19.0%、「週5~10時間未満」19.0%という結果になった。およそ週2~3日の頻度でアルバイトをしており、その内訳は週1~2回は平日の放課後に2~3時間、週に1回休日の1日(約8時間)が一般的となっていた。

 毎月のアルバイトで得る収入について聞いてみたところ、「5万円~7万円未満」が最多で24.9%、「3万円~5万円未満」は24.5%、「~3万円未満」は16.4%だった。また毎月のお小遣いに関しては「お小遣いはもらっていない」が33.8%ともっとも多く、ついで「~3万円未満」31.3%、「3万円~5万円未満」14.8%という結果となった。

 アルバイトで稼いだお金はどのように使われているのかWeb調査でお金の使い道について聞いてみたところ、もっとも多い使い道は「外食・交際費」で70.0%。2位は「趣味」68.8%、3位「コスメ」56.3%という結果に。42.3%が「貯金」をしていた。

 SHIBUYA109ガールズ調査で使い道の内訳を聞いてみたところ、毎月の支出額としてもっとも多いのは旅行やヲタ活、音楽鑑賞やアニメ・漫画などの「趣味」で月1万9,883円、ついで「外食・交際費」月1万4,263円、「貯金」月1万4,223円という結果となった。支出の22.4%を貯金しており、その理由を尋ねたところ、「好きなアーティストの地方公演の遠征費」や「好きなアイドルの公演参加費」などが挙がっており、大きな支出に備えて貯金をしていることが分かった。

◆アンケート調査概要
(1)Webアンケート調査
調査期間:2019年3月
調査対象:首都圏在住(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)/19歳~22歳/学生/女性
有効回答数:N=400
(2)SHIBUYA109ガールズ調査/SHIBUYA109(東京都・渋谷区)館内アンケート調査
調査期間:2019年3月
調査対象:SHIBUYA109来館者around20/学生(大学生・専門学校生)/女性
有効回答数:N=120
※小数点以下第2位を四捨五入して算出
《鶴田雅美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)