【EDIX2019】第10回学校・教育総合展6/19-21、新学習指導要領に向けた教材・サービス集結

 教育分野における日本最大級の専門展示会「第10回 学校・教育総合展 EDIX(エディックス)」が、2019年6月19日から21日の3日間、青海展示棟にて開催される。新学習指導要領や大学入試改革が始動する2020年度に向けた最新教材やサービスなど、430社が出展予定。

教育業界ニュース 教育ICT
過去の開催時のようす
  • 過去の開催時のようす
  • セミナー(一例)
  • 2018年セミナー会場風景
 教育分野における日本最大級の専門展示会「第10回 学校・教育総合展 EDIX(エディックス)」が、2019年6月19日から21日の3日間、青海展示棟にて開催される。新学習指導要領や大学入試改革が始動する2020年度に向けた最新教材やサービスなど、430社が出展予定。

 EDIXは、「第10回 教育ITソリューションEXPO」と「第2回 学校施設・サービスEXPO」の2展で構成される日本最大の学校・教育向け展示会。「教育ITソリューションEXPO」には、小・中・高校、大学などの授業や校務で使われるICT機器やシステム、デジタル教材などが出展。「学校施設・サービスEXPO」には、学校施設、設備、スクール用品、教職員の働き方改革など、教育現場のさまざまな課題解決を提案するサービスが一堂に会する。

 会場には、教育現場の課題解決に役立つ製品・ソリューションを持つ企業430社が出展予定。2020年度は、約10年ぶりに改訂される学習指導要領により小学校でのプログラミング教育が必修化され、英語が正式科目となるほか、大学入試改革も行われる。今回のEDIXでは、新学習指導要領に向けたアイデア満載の最新商品・サービスを直接見て、体感して、確かめることができる。大きな変革期となる2020年度に向け、EDIXでは全国から小・中・高校教職員や大学関係者、教育委員会、教育関係者など約3万7,000人の来場を見込んでいるという。

 会期中は、基調講演や特別講演など、計31セミナーを無料開催。「開成×灘校」校長対談や、早稲田大学・田中愛治総長、日本教育情報化振興会・赤堀侃司会長など、教育現場の第一人者が登壇。各分野の第一人者が、2020年度から小学校で必修化されるプログラミング教育の実践例や、AIと教育、学校における働き方改革など、さまざまなテーマで教育分野の最新情報、最新事例を伝える。

 入場には無料の招待券と名刺2枚が必要。招待券はWebサイトから申し込むことができる。招待券を持たない場合は、入場料5,000円が必要。招待状の申込みとは別に、各セミナーの申込みもWebサイトにて事前に受け付けている。なお、EDIXは商談を目的とした展示会のため、一般および18歳未満入場は固く断っている。

 また、9月25日から27日にかけては、インテックス大阪にて「EDIX関西」が開催される予定。

◆第10回 学校・教育総合展 EDIX
構成:第10回 教育ITソリューションEXPO/第2回 学校施設・サービスEXPO
日時:2019年6月19日(水)~21日(金)
会場:青海展示棟(東京テレポート駅 徒歩2分/青海駅 徒歩4分)
対象:学校・教育関係者
参加費:招待券持参で無料
申込方法:Webサイトから申し込む
※各セミナーもWebサイトから事前申込が必要
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)