国際協力×留学を無料で組み合わせ「Social留学」サービス開始

 コネクト&フロウは2019年5月1日、留学と国際協力を無料で組み合わせられる「Social留学」を開始した。Social留学は、留学費用の3%が加盟団体に寄付され、海外挑戦と社会貢献が循環する新しい仕組み。留学生は留学費用のみで国際協力やインターンに参加できる。

教育・受験 大学生
Social留学の仕組み
  • Social留学の仕組み
  • コストを抑えた費用体系
  • Social留学のメリット
  • Social留学
 コネクト&フロウは2019年5月1日、留学と国際協力を無料で組み合わせられる「Social留学」を開始した。Social留学は、留学費用の3%が加盟団体に寄付され、海外挑戦と社会貢献が循環する新しい仕組み。留学生は留学費用のみで国際協力やインターンに参加できる。

 コネクト&フロウでは、従来の留学形態が「留学生」「留学エージェントと語学学校」の2者がメインとなっている状況を受け、2者に加え「留学先の地域」への貢献や利益還元を実現したいとの思いから、現地のNGO・社会的企業と連携することで「留学」と「留学先の地域への貢献」を同時に可能にする「Social留学」を開始した。

 「Social留学」では、現地の情報に詳しい専門アドバイザーが留学に海外ボランティア・インターンを組み合わせて提案。平日は語学学校で通常通り授業を受け、週末にボランティアやスタディツアーに参加する。午前中に学校で授業を受け、午後にインターンに参加するなど、国際協力・海外インターン・留学をカスタマイズすることができる。

 留学アドバイザーとSocialアドバイザーによるサポートを受けられるため、「まだやりたいことが明確でないが、国際協力に興味がある」「学校の授業だけでなく、国際協力やインターンを通じて現地で通用する英語力を磨きたい」「現地のNGOや社会的企業で働く経験を通じて今後のキャリアを考えたい」など、ひとりひとりのニーズに合わせた選択が可能となる。

 Social留学経由で留学を申し込むと、留学サービス内容を変えずに留学費用の3%がNGOに寄付される。通常、海外インターンや海外ボランティアには留学とは別途費用がかかるが、Social留学では留学費用のみで海外インターンや海外ボランティアの手配を無料で行う。留学費用以外は手数料など含め完全無料で徹底サポートするという。

 Social留学のWebサイトでは、現在募集中のインターンやボランティアを紹介。地域や関わり方、SDGsの活動テーマから自分の希望にあったものを探すことができる。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)