【夏休み2019】スター・ウォーズ×プログラミング講座、学研

 学研エデュケーショナルは、スター・ウォーズの世界を体験しながらプログラミングを学ぶことができる特別講座「スター・ウォーズ 学研ロボットプログラミング講座」を2019年8月10日と11日に大阪、8月17日と18日に東京で開催する。対象は小学生以上の親子。

教育ICT 小学生
「スター・ウォーズ 学研ロボットプログラミング講座」で作成するロボット(イメージ)
  • 「スター・ウォーズ 学研ロボットプログラミング講座」で作成するロボット(イメージ)
  • スター・ウォーズ 学研ロボットプログラミング講座
  • 「スター・ウォーズ 学研ロボットプログラミング講座」チケットデザイン(イメージ)
  • 「スター・ウォーズ 学研ロボットプログラミング講座」チケットデザイン(イメージ)
  • ブロック購入者用の限定パッケージ(イメージ)
 学研エデュケーショナルは、スター・ウォーズの世界を体験しながらプログラミングを学ぶことができる特別講座「スター・ウォーズ 学研ロボットプログラミング講座」を2019年8月10日と11日に大阪、8月17日と18日に東京で開催する。対象は小学生以上の親子。

 「スター・ウォーズ 学研ロボットプログラミング講座」は、スター・ウォーズの世界とともにプログラミングを学ぶことができる特別講座。教材には、「スター・ウォーズ」のオフィシャルサウンド・画像を使用する。

 講座では、スター・ウォーズならではの世界観でプログラミングを学ぶことができる4つのレッスンを用意。レッスン1では、手が近づいたことを感知して敵が倒れる装置をプログラミングし、ジェダイに欠かせない見えない力「フォース」を体験。レッスン2では、ライトセーバーを製作して、パソコンを使ったゲームに挑戦する。レッスン3ではアストロメク・ドロイドを作成して自走するプログラムを作り、レッスン4でドロイドとともにプログラミングを駆使し、全ミッション制覇を目指す。

 対象は、小学生以上の親子。定員は各回35組(1組1教材)。当日作成したロボットは、ブロック交換チケットを購入すると、持ち帰ることが可能。参加費は2万1,600円(税込)。ブロック交換チケットは2万1,352円(税込)。ブロック教材を購入しない人は、貸出用ブロック(無料)が利用できる。パソコンは主催者側が用意するが、データの持帰りにはUSBメモリが必要。

 開催日は、大阪会場が8月10日と11日。東京会場が8月17日と18日。開催時間は、各日午前9時半から午後5時半まで、休憩を1時間はさみ、各日7時間。昼食は各自持参。参加チケットおよびブロック交換チケットは、学研グループのショッピングモールWebサイト「学研モール」から購入することができる。

◆スター・ウォーズ 学研ロボットプログラミング講座
対象年齢:小学生以上の親子
※子どものみの参加は小学校5年生以上(保護者の送迎が必要)
定員:各回35組(1組2名)
参加費:2万1,600円(税込)
ブロック交換チケット:2万1,352円(税込)
※制作したブロックパーツを持ち帰るためには、事前のブロック交換チケット購入が必要

【大阪会場】
日時:2019年8月10日(土)、11日(日)9:30~17:30
会場:学研大阪本社(大阪府吹田市江坂町1-23 大同生命江坂ビル11F)

【東京会場】
日時:2019年8月17日(土)、18日(日)9:30~17:30
会場:学研本社(東京都品川区西五反田2-11-8 学研本社ビル3Fホール)
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)