【夏休み2019】クラフト体験・講座など「植物園フェスタ」茨城

 国立科学博物館 筑波実験植物園は2019年7月23日から8月4日まで、「夏休み植物園フェスタ」を開催する。植物を題材としたクラフト体験や講座、各種イベントを実施予定。

趣味・娯楽 未就学児
夏休み植物園フェスタ
  • 夏休み植物園フェスタ
  • 夏休み植物園フェスタ
 国立科学博物館 筑波実験植物園は2019年7月23日から8月4日まで、「夏休み植物園フェスタ」を開催する。植物を題材としたクラフト体験や講座、各種イベントを実施予定。

 「夏休み植物園フェスタ」では、国立科学博物館 筑波実験植物園で植物を題材としたさまざまなイベントを開催。期間中、教育棟では「ぬりえコーナー・どんぐりゴマで遊ぼう!!」「研究員・スタッフのおすすめクイズラリー」、多目的温室では「植物観察イベント(サラセニアカットまたは色水実験)」「さわろうコーナー」など、中央広場では「植物と遊ぶコーナー」を毎日開催する。

 7月24日と31日には植物紙芝居、7月27日と8月4日には多様な花や葉の色素と香りのお話、8月3日には昆虫観察など、園内を案内するイベントを開催。いずれも予約不要、定員なし。

 イベント期間中、クラフト体験も開催。7月23日から26日には「葉脈しおりをつくろう」、7月27日から31日には「はっぱで工作しよう」、8月1日から8月4日にはどんぐりを材料としたクラフトのコンテスト「ベストどんぐリスト」を予定している。いずれも予約不要。クラフト体験は午前4回・午後4回の1日計8回実施予定で、定員は各回20名となっている。

 事前申込制の講座も開催。7月23日と28日には「子どものための植物画の描き方講座」、7月25日には「夏休みの自由研究に!!押し花標本をつくろう」、7月30日には「アルソミトラの種子模型と紙飛行機を飛ばそう」を実施する。対象や定員は講座によって異なる。申込みは、往復はがきにて受け付けている。締切りは7月11日(必着)。応募者多数の場合は抽選となる。

 さらに、8月9日から18日(13日は休園)には、夏休み関連イベントとして、小さなガラスの器で水草を育てる「自分だけのアクアリウムをつくろう」も開催。予約不要だが、材料費(800円から)が必要。

 各イベントの開催日時など詳細は、国立科学博物館 筑波実験植物園Webサイトにて確認できる。入園料は、一般310円(20名以上の団体料金250円)、高校生以下・65歳以上、障害者手帳持参者およびその介護者1名は無料。

◆夏休み植物園フェスタ
日時:2019年7月23日(火)~8月4日(日)9:00~17:00(入園は16:30まで)
※2019年7月29日(月)は休園
会場:国立科学博物館 筑波実験植物園(茨城県つくば市天久保4-1-1)
入園料:一般310円(20名以上の団体料金250円)、高校生以下・65歳以上、障害者手帳持参者およびその介護者1名は無料

【講座】
申込方法:往復はがきにて申し込む
申込締切:2019年7月11日(木)必着
※応募者多数の場合は抽選で決定
※1通のはがきにつき、1人1講座1日程で申し込むこと
※見学および付添いの保護者は入園料が必要
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)