全国小・中学生作品コンクール…自由研究作品9/1より受付

 子どもの文化・教育研究所は、第37回となる「全国小・中学生作品コンクール」を開催する。応募期間は2019年9月1日から9月30日まで。小中学生が取り組んだ自由研究作品を広く募集する。

教育・受験 小学生
全国小・中学生作品コンクール
  • 全国小・中学生作品コンクール
  • 全国小・中学生作品コンクール 応募要項
  • 各部門のきまり(一部)
 子どもの文化・教育研究所は、第37回となる「全国小・中学生作品コンクール」を開催する。応募期間は2019年9月1日から9月30日まで。小中学生が取り組んだ自由研究作品を広く募集する。

 「全国小・中学生作品コンクール」は、全国の小中学生に自由研究のきっかけと発表の場を与えるとともに、継続研究の楽しさを知ってもらうことを目的に毎年開催している取組み。2019年で37回目を数える。「国語」「社会科」「理科」「生活科」「英語」「パソコン」の6部門で、学校の学習をもとに発展させて研究・調査した自由研究作品などを募集。応募は1人1部門1作品に限る。

 「社会科」と「理科」は小学3年生以上、「生活科」は小学1・2年生が対象。「英語」は英語を第一言語としない小中学生のみ対象とする。各部門の応募作品の内容や形式はWebサイトの応募要項から確認できるほか、各部門の優秀作品の選出基準も参考までに紹介している。

 応募作品の中から、部門ごとに文部科学大臣賞、子どもの文化・教育研究所理事長賞、中央出版株式会社社長賞、各後援団体賞、優秀賞を選出するほか、部門を問わず特に優秀だと認められた作品には「顧問審査員特別賞」を授与。さらに、団体賞や海外在住者賞、センバス・グループ賞が授与される。

 作品受付期間は9月1日から30日まで(消印有効)。各部門の応募方法の詳細はWebサイトで確認可能。応募用紙もWebサイトからダウンロードできる。応募締切後、子どもの文化・教育研究所の審査員による審査を経て、各受賞者を決定。入賞結果の発表は12月初旬にWebサイトに掲載予定となっている。なお、入賞者には12月中旬に賞状が送られる。

◆第37回(2019年度)全国小・中学生作品コンクール
受付期間:2019年9月1日(日)~9月30日(月)消印有効
対象:小・中学校の児童・生徒
応募のきまり:学校での学習をもとに発展させ研究・調査したもので、自作で未発表のもの(在籍校の展示会や校内行事、自治体主催のコンクールに出展・発表した作品は応募可)
※6部門の中から1人1作品の応募に限る
応募方法:応募用紙と作品票を貼った作品を郵送で送付(応募用紙、作品票などはWebサイトからダウンロードできる)
各部門の内容:
【国語部門】作文、読書感想文
【社会科部門】社会科の各分野または各分野を関連させて研究・調査した作品
【理科部門】理科の各分野に関して研究・調査した作品
【生活科部門】生活科の各分野に関して研究・調査した作品
【英語部門】
<小学生>本や絵本、詩集、新聞などの朗読
<中学生>「自分について」「国際理解」のいずれかのテーマで自由に英語でスピーチしたもの/学校や地域を英語で紹介したスピーチ
【パソコン部門】自作のプログラムや自由研究。パソコンで作成したWebサイトやコンピューターグラフィックスなどの作品
※応募の形式など、詳細はWebサイトで確認できる
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)