大学入学共通テスト、記述式問題の採点にベネッセグループ

 大学入試センターは2019年8月30日、大学入学共通テストの記述式問題の採点業務について、ベネッセグループの学力評価研究機構に委託することを決めた。一般競争入札による落札で、金額は約61億6,000万円。委託期間は2019~2023年度。

教育業界ニュース 文部科学省
学力評価研究機構
  • 学力評価研究機構
  • 大学入試センター
 大学入試センターは2019年8月30日、大学入学共通テストの記述式問題の採点業務について、ベネッセグループの学力評価研究機構に委託することを決めた。一般競争入札による落札で、金額は約61億6,000万円。委託期間は2019~2023年度

 大学入学共通テストは、大学入試センターに代わる新しいテストで、初回は2021年1月16、17日に実施。マーク式問題に加え、国語と数学で記述式問題が導入される。

 大学入学共通テスト記述式問題の採点管理業務委託事業者には2社が入札し、価格1対技術3の総合評価落札方式により、テストの採点処理業務などを行う学力評価研究機構が、61億6,094万3,470円(10%の税込)で落札した。

 委託期間は2023年度まで。2019年度は準備事業として、2019年11~12月に国語と数学で各1万枚の答案の採点を実施して検証。大学入試センターと採点事業者との役割分担、採点者への事前研修、スケジュールなどについて検証を重ね、2020年2月までに学力評価研究機構が報告書にまとめ、大学入試センターに提出する予定。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)