SNS利用で気を付けたいこと、東京都が動画コンテスト開催

 東京都は2019年9月27日より、「SNSトラブル防止動画コンテスト」の作品を募集する。応募資格は13歳から29歳までの都内在住・在学・在勤者。コンセプトは「スマホでSNSを使うときに気を付けたいこと」、動画作品のほか静止画作品も募集する。

生活・健康 高校生
SNSトラブル防止動画コンテスト
  • SNSトラブル防止動画コンテスト
  • SNSトラブル防止動画コンテストの募集テーマや募集作品、応募資格など
  • SNSトラブル防止動画コンテストの応募規定
 東京都は2019年9月27日より、「SNSトラブル防止動画コンテスト」の作品を募集する。応募資格は13歳から29歳までの都内在住・在学・在勤者。コンセプトは「スマホでSNSを使うときに気を付けたいこと」、動画作品のほか静止画作品も募集する。

 近年、SNS利用によるトラブルが増加し、大きな社会問題となっている。東京都の「SNSトラブル防止動画コンテスト」は、若者がSNS利用によるさまざまなトラブルや被害の問題に関する動画等を自ら作成することで、この問題に対する意識啓発を図るきっかけとすることが目的。応募資格は、都内在住・在学・在勤の13歳から29歳まで。「スマホでSNSを使うときに気を付けたいこと」をコンセプトに、「その言葉、相手の気持ちと同じ気持ちかな?」「ちょっと待ってその写真大丈夫?」「ガーン!グループトークの罠」「スマホさわりすぎじゃない?」の4つのテーマの作品を募集する。

 作品は、動画とともに静止画(写真、イラストなど)も同時募集。動画作品の長さは15秒を推奨しているが、30秒でも可。ファイル形式は指定された6つの形式(.MOV .MPEG4 .MP4 .AVI .WMV .FLV)のいずれか、HDハイビジョン(1,280×720)以上の解像度を推奨している。

 静止画作品を手書きで制作する場合は、画用紙四つ切サイズ(392mm×542mm)で制作し、スマホなどで全体がわかるように写真を撮りデータで応募する。デジタルデータで制作する場合は、A4サイズ以上、画用紙四つ切サイズ以下とする。

 募集期間は2019年9月27日から12月25日まで、特設サイトの応募フォームから直接動画などを投稿する。応募費用は無料。特設サイトには、作品の詳細な応募規定のほか、作品を作る際のポイントも掲載。「作品を見る人(受け手)に1番何を伝えたいかを絞り込もう」「撮影するときに気を付けよう」「著作権などに気を付けよう」など、アドバイスをまとめている。

 なお、映像の専門家や特別審査員である宇宙海賊ゴー☆ジャス氏、東京都の職員などが応募作品の審査を行い、最優秀賞のほか入賞作品を計10作品選定する。最優秀賞は都内映画スクリーン広告や駅のデジタルサイネージで放送される予定。また、2020年2月中旬に表彰式および副賞の贈呈を行うという。

◆SNSトラブル防止動画コンテスト
募集期間:2019年9月27日(金)~12月25日(水)
募集作品:動画作品、静止画作品(写真、イラストなど)
応募費用:無料
応募資格:東京都内在住・在学・在勤の13歳~29歳まで(個人・団体は問わない)
応募方法:特設サイトの応募フォームから直接動画などを投稿する
※作品の応募規定などの詳細は特設サイトに掲載
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)