スマホの親子ルール、学年上がるほど設定率が拡大するのは…

 スマートフォン利用の親子間ルールは、小学校高学年にかけて個人情報の公開や料金、中学生は人間関係に関する設定率が拡大することが2020年2月26日、NTTドコモ モバイル社会研究所の調査結果からわかった。使い過ぎる理由は「楽しくてやめられない」が最多だった。

デジタル生活 小学生
スマートフォン利用の親子間ルール
  • スマートフォン利用の親子間ルール
  • スマートフォンを長時間使い過ぎてしまう理由
 スマートフォン利用の親子間ルールは、小学校高学年にかけて個人情報の公開や料金、中学生は人間関係に関する設定率が拡大することが2020年2月26日、NTTドコモ モバイル社会研究所の調査結果からわかった。使い過ぎる理由は「楽しくてやめられない」が最多だった。

 「子どものケータイ利用に関する調査」は2019年9月、全国在住の小中学生とその保護者1,000組を対象に実施した。

 スマートフォン利用の親子間ルールを学年別に尋ねたところ、「スマホを使うのは決められた時間だけ」「食事中にスマホを利用しない」は、小学校低学年、小学校高学年、中学生いずれも6割以上が設定していた。

 小学校低学年から高学年にかけては、「個人情報や本人だと特定できる写真をネット上にアップしない」「アプリをダウンロードするときは親に相談し、追加料金がかからないようにする」など、個人情報の公開や料金に関するルール設定率が拡大。中学生になると「面識のない人とは連絡や連絡先の交換をしない」など、人間関係についてのルール設定が増える傾向にあった。

 スマートフォンを利用する小中学生の保護者に「子どもがスマホを使い過ぎてしまうことはあるか」を尋ねた結果では、9割以上が「使い過ぎていると思う」と回答。理由については、中学生は男女とも「楽しくてやめられないため」が最も多く、男子が約7割、女子が約6割を占めた。

 中学生の女子では、「友達や世間で話題になっていることを見逃したくないと思っているため」「友達付き合いのため」「家族や部活・習い事・塾などの連絡のため」という回答が、中学生の男子より10~15ポイントほど多かった。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)