【高校受験2020】沖縄県立高、一般入試志願状況(確定)開邦(学術探究)0.90倍など

 沖縄県教育委員会は、2020年度(令和2年度)県立高等学校入学者選抜一般入学の最終志願状況を発表した。学校・学科別の志願倍率は、開邦(学術探究)0.90倍、球陽(理数)1.23倍、那覇国際(普通)1.16倍、向陽(理数)0.77倍など。

教育・受験 中学生
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
  • 令和2年度県立高等学校入学者選抜状況(最終志願状況)
  • 令和2年度県立高等学校入学者選抜状況(最終志願状況)
  • 令和2年度県立高等学校入学者選抜状況(最終志願状況)
 沖縄県教育委員会は、2020年度(令和2年度)県立高等学校入学者選抜一般入学の最終志願状況を発表した。学校・学科別の志願倍率は、開邦(学術探究)0.90倍、球陽(理数)1.23倍、那覇国際(普通)1.16倍、向陽(理数)0.77倍など。

 2020年度沖縄県立高等学校入学者選抜一般入学は、2月5日・6日に出願、2月12日・13日に志願変更申し出、2月19日・20日に願書取下げ・再出願を受け付けた。

 全日制課程における学校・学科別の志願倍率でもっとも高かったのは、宜野湾(普通・普通)1.52倍。ついで、子禄(普通・芸術教養)1.50倍、沖縄水産(海洋技術)1.48倍、中部農林(造園)1.41倍、南部農林(食品加工)1.41倍。

 このほか、開邦(学術探究)0.90倍、球陽(理数)1.23倍、球陽(国際英語)0.81倍、那覇国際(普通)1.16倍、那覇国際(国際)1.17倍、向陽(普通)1.12倍、向陽(理数)0.77倍、向陽(国際文)1.13倍など。

 一般入学の学力検査は、3月4日・5日に実施された。合格発表は3月11日に行う予定。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)