25歳以下は追加50GBまで無償、大手3キャリアが新型コロナ関連支援発表

 NTTドコモ、ソフトバンク、KDDIは2020年4月3日、新型コロナウイルス感染症流行に伴う支援措置として、25歳以下のユーザーを対象に、追加データの購入料金を最大50GBまで無償化することを発表した。

教育ICT 中学生
 NTTドコモ、ソフトバンク、KDDIは2020年4月3日、新型コロナウイルス感染症流行に伴う支援措置として、25歳以下のユーザーを対象に、追加データの購入料金を最大50GBまで無償化することを発表した。

 休校中の全国の学校で遠隔授業やオンライン学習を実施している状況を踏まえ、学習のための通信環境を確保するための支援を目的とするもの。

 各社の発表は以下のとおり。

NTTドコモ



 2020年4月1日時点の契約者または利用者の年齢が25歳以下かつ、対象プラン契約者が対象。2020年4月および5月利用分の「スピードモード」と「1GB追加オプション」を、50GBを上限に無償化する。

ソフトバンク



 ソフトバンクおよびワイモバイルのスマホやタブレット端末、Wi-Fiルーターなどを利用中の25歳以下の個人のユーザーが対象。2020年4月3日から4月30日までの期間、追加データの購入料金を最大50GBまで無償化。また、ソフトバンクのスマホやタブレット端末などのテザリングオプションの利用料金を無償化する。データシェアを利用中の場合、契約者または使用者の年齢が25歳以下の回線が複数ある場合でも、無償化される追加データの上限は50GB。

KDDI



 25歳以下のユーザーが対象。2020年4月1日から4月30日までの期間、データ定額サービス/料金プランでの月間データ容量超過後にデータチャージされた利用分のうち、50GB分までの利用料金およびテザリングオプション利用料を無償化する。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)