相談無料「産婦人科・小児科オンライン」6/26まで

 Kids Publicが運営する遠隔健康医療相談「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」は2020年5月1日から6月26日まで、経済産業省より委託を受け、全国民へ遠隔健康医療相談を無償で提供する。

生活・健康 未就学児
「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」
  • 「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」
  • オンライン相談イメージ
 Kids Publicが運営する遠隔健康医療相談「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」は2020年5月1日から6月26日まで、経済産業省より委託を受け、全国民へ遠隔健康医療相談を無償で提供する。

 「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」とは、スマートフォンから直接、産婦人科医、小児科医、または助産師に相談ができるサービス。無償提供は、新型コロナウイルス流行状況を踏まえた経済産業省の2020年度補正遠隔健康相談事業体制強化事業(小児・産婦人科専門窓口)として実施する。

 110名の産婦人科医、小児科医、助産師が在籍しており、必ず専門家が回答する点が最大の特徴だという。会員登録時に無料利用に必要な合言葉「てをあらおう」を入力するだけで、2020年5月1日から6月26日まで誰でも何度でも無料で利用できる。

 相談方法は、産婦人科医、小児科医、助産師への「予約制相談」と「いつでも相談」の2種類がある。

 「予約制相談」では、LINEアプリを使用してビデオ通話、音声通話、メッセージチャットのうち好きな方法で、直接産婦人科医、小児科医、助産師にリアルタイムで相談ができる。対応時間は午後4時から午後11時。定休日は土曜日。

 「いつでも相談」では、24時間好きな時間に専用フォームからメッセージで相談内容を質問できる。24時間以内に産婦人科医、小児科医、助産師が回答する。写真の添付も可能。毎日24時間対応している。

 小児科オンラインでは、新生児から15歳までの子どもの健康や子育てに関する相談を受け付けている。産婦人科オンラインでは、妊産婦だけでなく、婦人科の相談、妊娠を希望している女性からの相談も受け付けている。

 「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」は遠隔健康医療相談サービスであり、医療行為ではないため診断や薬の処方はできない。

 新型コロナウイルス感染症への不安から起こる受診控えや、相次ぐ乳幼児健診、母親学級の延期による対面サポートの減少、自宅待機増加によって、DVや虐待増加への懸念などに対し、オンライン相談が社会のセーフティネットとして機能することが期待される。

◆「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」無償提供
日時:2020年5月1日(金)~2020年6月26日(金)
対象:新生児から15歳までの子ども、妊産婦、妊娠を希望している女性など
相談可能時間:
【予約制相談】平日・日曜・祝日16時~23時※土曜定休
【いつでも相談】毎日24時間
《鈴木あさり》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)