LoiLoと横浜市教委が連携…市全校でロイロノート・スクール運用

 LoiLoと横浜市教育委員会が連携協定を結ぶと発表した。2020年7月20日に横浜市庁舎において協定締結式を行う。横浜市のGIGAスクール構想実現に向けた連携協定で、横浜市すべての市立学校で授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」の運用を開始する。

教育ICT 小学生
横浜市教育委員会×ロイロノート・スクール
  • 横浜市教育委員会×ロイロノート・スクール
  • ロイロノート・スクール
  • 横浜市 GIGAスクール構想
 LoiLoと横浜市教育委員会が連携協定を結ぶと発表した。2020年7月20日に横浜市庁舎において協定締結式を行う。横浜市のGIGAスクール構想実現に向けた連携協定で、横浜市すべての市立学校で授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」の運用を開始する。

 ロイロノート・スクールは、教育1人1台時代に生徒の主体性を育み、双方向授業を作り出す授業支援クラウド。小学校から大学まで、すべての授業で使用可能。資料のやりとり、思考の可視化、意見の共有が直感的にでき、子どもたちが自ら考え表現する協働的な学びや、教員の負担軽減を実現する。個別最適化された学びづくりや遠隔での学習にも効果を発揮、マルチプラットフォームにも対応しており、1日30万人以上が利用しているという。全国5,000校以上、1人1台校では320校に導入されている実績を持つ。

 横浜市教育委員会では、2020年度中に市立学校(小学校・中学校・特別支援学校の小・中学部)に在籍する児童生徒および教職員への1人1台端末を実現するべく整備を進めている。この度、横浜市教育委員会が独自に策定した「横浜市におけるGIGAスクール構想の方向性」に示される「学びの改革」「心と身体のケア」「学校と家庭との連絡調整」の推進を目的に、LoiLoとの連携協定を結ぶ。

 連携により、横浜市立学校教職員および横浜市立学校に在籍する児童・生徒に対するロイロノート・スクールのアカウント発行と無償利用の提供。ロイロノート・スクールの活用に必要な横浜市立学校教職員への研修の実施。協定によるロイロノート・スクールの利用者および関係者からのロイロノート・スクールの活用に係るフィードバック、成果や課題の共有、発信などが行われる予定。

 ロイロノート・スクールは、2019年より横浜市立みなとみらい本町小学校での実証を行っている。授業での活用事例は、ロイロノート・スクールWebサイト内のサポートページに掲載。LoiLoは横浜市教育委員会とともに情報社会を生きるための教育を構築し、横浜市の教育が大きく動き出す最初の一歩を踏み出したいとしている。

◆LoiLo・横浜市教育委員会 連携協定締結式
日時:2020年7月20日(月)15:00~15:30
会場:横浜市庁舎9階 市長応接室(横浜市中区本町6丁目50番地10)
出席者:横浜市教育委員会教育長・鯉渕信也氏、LoiLo代表取締役・杉山浩二氏
内容:協定書の署名、写真撮影、協定締結者挨拶、質疑応答
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)