凸版、教育機関向け「多言語WEB連絡帳システム」実証参加校募集

 凸版印刷は、Web上で定型文を選択することで連絡内容を多言語で通知する「多言語WEB連絡帳システム」を教育機関向けに開発。2021年1月から2月末まで実証実験を行うと発表した。それに伴い、2020年10月から12月まで実証に参加希望の教育機関を募集する。

教育業界ニュース 教材・サービス
凸版印刷「多言語WEB連絡帳システム」
  • 凸版印刷「多言語WEB連絡帳システム」
 凸版印刷は、Web上で定型文を選択することで連絡内容を多言語で通知する「多言語WEB連絡帳システム」を教育機関向けに開発。2021年1月から2月末まで実証実験を行うと発表した。それに伴い、2020年10月から12月まで実証に参加希望の教育機関を募集する。

 凸版印刷は2020年6月9日より、総務省の委託研究「多言語翻訳技術の高度化に関する研究開発」を実施している。このたび研究の一環として、教育機関向けにWeb上で連絡内容を多言語で通知することが可能な「多言語WEB連絡帳システム」を開発。教員が保護者への連絡を行う際、Web上で送信先と定型文を選択して一斉送信するだけで、保護者があらかじめ登録した言語で連絡内容を受け取ることができるシステムで、近年増加傾向にある外国人児童の保護者と教員との言葉の壁をなくしたコミュニケーションを支援することを目指す。

リシードで全文を読む
《畑山望》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)