NTT Com「まなびポケット」申込ID数が100万突破

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2020年12月14日、クラウド型教育プラットフォーム「まなびポケット」の申込ID数が100万IDを突破したことを発表した。また来春には、定額制コンテンツサービス「まなホーダイ」を提供予定。

教育ICT 小学生
まなびポケット
  • まなびポケット
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2020年12月14日、クラウド型教育プラットフォーム「まなびポケット」の申込ID数が100万IDを突破したことを発表した。また来春には、定額制コンテンツサービス「まなホーダイ」を提供予定。

 NTT Comが提供する「まなびポケット」では、クラウド上において、授業支援・協働学習支援ツール、個別学習支援教材、英語やプログラミングの学習教材などさまざまなサービスを提供している。2020年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により休校中の児童生徒や教職員を支援する「まなびをとめない」施策として、提携コンテンツと共に無償で提供するなど、ICTを利活用した学習継続に貢献。また同時に、NTT Comは小中学生の学習向けパソコンと「まなびポケット」、端末管理ツールをパッケージ化した「GIGAスクールパック」を提供し、急速に拡大する教育ICT環境の整備ニーズにも対応している。

:リシードで全文を読む
《桑田あや》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)