第3回英検、1都3県の本会場4・5級受験者は3/21に延期

 日本英語検定協会(英検協会)は2021年1月20日、2020年度第3回実用英語技能検定(英検)の本会場での4・5級受験予定者(団体申込含む)のうち、1次希望受験地として東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県を選択した者の試験日を3月21日に延期することを発表した。

教育・受験 中学生
代替日程の概要
  • 代替日程の概要
  • 英検
  • 日本英語検定協会
 日本英語検定協会(英検協会)は2021年1月20日、2020年度第3回実用英語技能検定(英検)の本会場での4・5級受験予定者(団体申込含む)のうち、1次希望受験地として東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県を選択した者の試験日を3月21日に延期することを発表した。

 2020年度第3回英検の、本会場での1次試験が1月24日に行われる。英検協会は1月13日、新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言下において、1次希望受験地として東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県を選択した4・5級の受験者に対して、受験票を週内に送付できないと発表していた。

 英検協会によると、試験日が迫る中、試験会場として借りる予定であった施設が借りられなくなるという事態が、1都3県を中心に多く発生しているという。そこで、2020年度第3回英検において、本会場での4・5級受験予定者(団体申込含む)のうち、1次希望受験地として東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県を選択した者の試験日を3月21日に延期する。

 代替日程での開催も着席時間、試験時間は従来の試験と同じ。受験票到着日は2月12日の予定、Webサイトでの合否結果は4月6日、1次成績表は4月12日に送付される予定となっている。

 3月21日の代替日程に都合が悪い受験者については、次回(2021年度第1回検定)の検定料を免除する。代替日程3月21日の受験ではなく、次回の検定料免除を希望する場合は、受験票に同封される「次回検定料免除のご案内」に従って申請してほしいという。

 なお、すでに受験票を受け取っている、1次希望受験地で1都3県以外を選択した者については、受験票に記載の試験日時・試験会場で受験できる。ただし、コロナの諸状況により受験者の安全を最優先に考慮のうえで変更が生じる場合は、速やかに最新の状況を英検Webサイトにて案内する。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top