早稲アカ、一部の授業・模試を変更…緊急事態宣言延長受け

 早稲田アカデミーは2021年5月10日、東京都を対象とした「緊急事態宣言」の延長を受け、一部の授業・模試・イベントの実施形態を変更することを公表。四谷大塚は、東京都にある校舎の授業開始時間を繰り上げる等、学習塾の対応をまとめた。

教育・受験 小学生
5月の授業・模試・イベント等について
  • 5月の授業・模試・イベント等について
  • 四谷大塚
  • 緊急事態宣言延長発表に関する対応について 
  • 政府の緊急事態宣言発令にともなうお知らせ
  • 緊急事態宣言下での校舎受講、指導の継続実施について
 早稲田アカデミーは2021年5月10日、東京都を対象とした「緊急事態宣言」の延長を受け、一部の授業・模試・イベントの実施形態を変更することを公表。四谷大塚は、東京都にある校舎の授業開始時間を繰り上げる等、学習塾の対応をまとめた。

 東京都や大阪府、京都府、兵庫県で緊急事態宣言が2021年5月31日まで延長され、愛知県、福岡県も5月12日から緊急事態宣言の実施区域となる。また、首都圏では、埼玉県や千葉県、神奈川県が5月31日までまん延防止等重点措置の期間としている。

 首都圏に校舎を置く早稲田アカデミーは、東京都を対象とした「緊急事態宣言」の延長、および埼玉県・神奈川県・千葉県に適用されている「まん延防止等重点措置」の延長を受け、一部の授業・模試・イベントの実施形態を変更する。5月8日~5月14日に実施する小学1・2年生対象のジャンプテストでは、終了後の解説授業をとりやめる。なお、保護者会は予定通り実施する。また、5月29日の小学3年生対象のマンスリーテスト・保護者会は、全校舎・通う校舎で実施するが、テスト終了後の解説授業をとりやめる。

 四谷大塚は、東京都にある校舎において当面の間、通常午後9時30分までに下校のところ、授業開始時刻を繰り上げ、下校時刻を午後8時までとしている。栄光ゼミナールは、これまでと同様の感染拡大防止対策を徹底のうえ、すべての教育サービス事業(通常授業、入試対策ゼミ、塾内模試等)を、原則として通常通り運営するとしている(5月8日現在)。

 東京個別指導学院・関西個別指導学院は、各教室において引き続き、ガイドラインに則った新型コロナウイルス感染症対策を実施するとともに、希望者にはオンライン個別指導も併用し、授業を通常通り実施している。

 そのほか、東進ハイスクールは5月11日、感染症対策をしっかりと行ったうえで、校舎での受講、指導および模擬試験などを継続実施すると公表。ただし、緊急事態宣言の対象となる東京都の校舎では当面の間、下校時刻を通常より早めて午後9時とする(日曜・祝日は午後7時)。
《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top