東京工科大が村井純教授のJMOOC活用し反転授業、その狙いとは 3枚目の写真・画像

 東京工科大学(東京都八王子市)では、アクティブラーニングや反転学習を積極的に取り入れている。その取組みのひとつとしてJMOOCの「gacco(ガッコ)」を利用した授業を開始した。

教育ICT 大学生
1クラス150名(定員)と大人数だが、PCを活用し、効果的な授業を展開
1クラス150名(定員)と大人数だが、PCを活用し、効果的な授業を展開

編集部おすすめの記事

特集

page top